お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

杉本有美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

杉本 有美(すぎもと ゆみ、1989年4月1日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優、タレント、歌手。

大阪府の出身で、所属事務所は株式会社アイエス・フィールド

来歴

大阪市天王寺区出身。小学生時代には、少女漫画雑誌『りぼん』の読者モデルオーディションや、ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルオーディションで準グランプリを受賞した。これをきっかけに、エンタテイメントスクール・LITTLE CATでレッスンを受けながら、中学2年生でモデルとしての活動を開始。高校を卒業するまでは、大阪の実家に住みながら、撮影やイベント出演などの仕事に応じて上京していた。

2002年5月から2004年5月まで『ピチレモン』、2004年5月から11月まで『ファプリ』、同年12月から2006年6月まで『bis』で、それぞれ専属のジュニアモデルとして活動。2006年5月からは、上記の雑誌より読者年齢がやや高い『JJ』で専属モデルを務めた。

『bis』モデル時代の2006年には、同年度の三愛水着イメージガールや、『週刊ヤングサンデー』の新人アイドル発掘企画「YS乙女学院」の2006年度1学期生に起用された。これを機に、グラビアとしての活動も開始。現在までに、『週刊プレイボーイ』『週刊ヤングジャンプ』(いずれも集英社)を中心に、雑誌の表紙・グラビア企画やネット配信コンテンツへ頻繁に登場している。

また、高校卒業後の2007年7月からテレビ東京系の連続ドラマ『BOYSエステ』へ出演したことを機に、女優として数々のドラマ、映画、舞台作品、CMなどに登場。2011年のプロ野球シーズン(4 - 9月)には、横浜ベイスターズ(当時)の応援・情報番組『Love BayStars』(TBSテレビ)で、3代目のMCを務めていた。

デビュー10周年に当たる2011年に、単独では初めてのファンイベント「杉本有美 10−ten−」を8月に東京で開催。

所属事務所については、ジュニアモデル時代から2012年11月までタンバリンアーティスツに在籍していた。2012年12月からは、かつて同事務所に所属していた天野莉絵とともに、フォービズムエンターテイメントへ籍を置いている。

2013年には、ミュージカル『アニー』の日本版でリリー役に起用。5月には、セルフプロデュースによる写真集『Ciel/Mer』をリリース。10月には、舞台版シュタインズ・ゲートで桐生萌郁役を演じる。

2015年1月20日、前事務所のタンバリンアーティスツと未払いギャラの支払いを求め係争中であることが判明。杉本側が求めているその未払い額の総額は同社との専属契約期間とする2007年4月から2012年3月までの杉本のテレビ番組やCMなどの出演料、写真や映像の使用料などのうち、未払いだったと考えられる金額を概算したもので、約2000万円にのぼった。その後杉本はこの問題について、同年3月3日の自身のブログで、前事務所との和解が成立したことを報告した。

2016年12月29日、4歳年下の会社員男性との結婚を報告。

2017年11月にSNSで所属事務所を退社していた。

女優としての活動

『BOYSエステ』(前述)の小岩井静香役で、女優としての活動を本格的に開始。2008年3月には、ミュージカル『中野ブロンディーズ』で、舞台での初主演を果たした。

2008年には、「スーパー戦隊シリーズ」第32作『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日)において、「GP-17 正義ノツバサ」(6月8日放送分)からゴーオンシルバー / 須塔美羽 役で登場。出演期間中には、共演者の逢沢りな・及川奈央と結成した期間限定のアイドルユニット「G3プリンセス」で、「ラブリー担当」として活動した。

2009年7月には、フジテレビ月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』に出演。同年10月 - 12月に同局系の「ノイタミナ」枠で放送されたアニメ『空中ブランコ』には、セクシーナース・マユミ役として、登場人物でただ1人実写映像で登場した。

2010年には、5月公開の実写映画『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』において、渚凜(なぎさ りん)役で映画初主演。さらに、連続テレビ小説・『ゲゲゲの女房』の新人編集者・松川冴子役にも出演。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。