CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > クリトリック・リス

クリトリック・リス

クリトリック・リス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クリトリック・リス(CLITORIC RIS)は、スギムによる日本のソロスカムユニットである。結成当初のキャッチフレーズは「下ネタのナポレオン」。「酒相撲の横綱」と呼ばれていた事も。現在ではフェスやサーキットイベントでのサブステージの出演頻度や活躍により「サブステージの王様」と呼ばれている。

来歴

2006年10月 音楽経験のまったくなかった広告会社勤務のサラリーマンであったスギム(当時36歳)は、行きつけのバーの常連客達とバンドを組む。しかし初ライブ当日に他のメンバー全員がドタキャンし、やけくそになりリズムマシーンに合わせてパンツ一丁で行った即興パフォーマンスが話題となり、後藤まりこ(当時ミドリ)や劔樹人のイベントに呼ばれるようになる。

その後もサラリーマンとの二足のわらじで関西を中心にライブ活動を行ってきたが、両立が不可能となり、2012年に退社。それ以降、東京や地方でのライブも精力的に行うようになる。

当時ユニバーサルミュージック・グレートハンティングに所属していた(2015年末で退社)加茂啓太郎が目を付け、「夏の魔物」などのイベントに出演。

2015年2月4日 井口昇監督によるMV「バンドマンの女」を公開し、同時に同楽曲の配信も開始された。

2015年12月2日、初の全国流通盤のアルバム「あなたのあな」をタワーレコードの「TOWER RECORDS」レーベルから発売、配信はユニバーサルミュージック・グレートハンティングが担当。12月15日には渋谷WWWでワンマンライブを行った。

2016年には演技にも挑戦し、MOOSIC LAB 2016に出展した映画「光と禿」で初主演。ヒロイン役に岸井ゆきの。MOOSIC LAB 2016ではベストミュージシャン賞と最優秀男優賞の2冠を獲得した。

2016年10月 文化放送「くにまるジャパン極」という番組内において「嘉門達夫杯争奪!インディーズバンド、コミックソング ナンバーワン決定戦!」に出場。楽曲「ライス&ライス」でグランプリを獲得

2017年4月16日、セカンドアルバム「HAGECORE」をソニー・ミュージックエンタテインメントより発売

2018年6月24日、ネコフェスよりクリトリック・リスのスタッフ「愛どんわなだい」がコーラスも兼任開始。

2019年2月20日、サードアルバム「ENDLESS SCUMMER」を自主レーベルSCUM EXPLOSIONより発売

2019年4月20日 「スギム生誕50周年」を祝うワンマンライブを日比谷野外大音楽堂で行い、動員2000人以上を集め成功を収める。前日までチケットの売れ行きが1200枚程だったが、当日にお客が押し寄せ、開演時間を過ぎても当日券を求める列は絶えず用意していた当日券が全てなくなった。また会場内の売店によると「これほど酒類が出たのは、過去に例がない」と言わせる程お酒が売れた。

2019年9月29日 長野県松本市で行われた「りんご音楽祭」2日目のメインステージで、大トリをつとめる。

2019年10月29日 スギム自身が50歳となる誕生日にBILLIE IDLE?をゲストに迎え、渋谷クアトロでワンマン公演を成功させた。

2020年10月1日 茨城放送にてスギムがメインパーソナリティの「ミッドナイトクレイジーラジオ」が放送開始

2020年11月1日 大阪城音楽堂で初の主催フェス「栗フェス2020」を開催

2021年5月 石川県のアウトレット家具店「ファニチャーエクスプレス」テレビCMのナレーションと音楽を担当


メンバー


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。