お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

清水透



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清水 透(しみず とおる、1950年7月4日 - )は、富山県出身の元プロ野球選手である。1978年から1983年までの登録名は、清水 宏悦(しみず ひろよし)。

来歴・人物

佼成学園高校在学時の1968年、同期のエース猪狩志郎(駒大)を擁し、遊撃手として第40回選抜高等学校野球大会に出場。しかし1回戦で、この大会に準優勝した尾道商の井上幸信に抑えられ、1-2で敗れる。他の高校同期に右翼手の森山正義がいた。

卒業後は河合楽器でプレー、都市対抗の常連として活躍。1970年のプロ野球ドラフト会議で大洋ホエールズから3位指名を受けるも、入団を拒否。2年後の1972年ドラフト会議で再び大洋ホエールズから指名(7位)を受け、入団。

プロ入り後は、主に内野のユーティリティプレーヤーとして起用され、1976年には一軍に定着、同年は23試合に先発出場を果たす。翌1977年は外野手もこなし。その後も一軍で起用されるがレギュラーには届かなかった。1982年オフ、吉本博外野手との交換トレードで西武ライオンズに移籍したが、出場機会に恵まれず1983年のシーズンをもって引退した。

1977年4月29日に川崎球場で開催された阪神タイガース戦で外野に飛球を放った際、守備に就いていた佐野仙好が外野フェンスに激突して負傷。これが契機となって、川崎球場をはじめとする多くの球場の施設が改善された。

詳細情報

年度別打撃成績

記録

  • 初出場:1973年5月6日、対ヤクルトアトムズ3回戦(川崎球場)、11回裏に江藤慎一の代走として出場
  • 初安打:1973年5月26日、対読売ジャイアンツ7回戦(川崎球場)、9回裏に関本四十四から
  • 初先発出場:1973年5月27日、対読売ジャイアンツ8回戦(川崎球場)、6番・三塁手として先発出場
  • 初本塁打・初打点:1976年7月23日、対読売ジャイアンツ16回戦(川崎球場)、9回裏に福島久晃の代打として出場、加藤初から2ラン

背番号

  • 22 (1973年 - 1979年)
  • 23 (1980年)
  • 41 (1981年 - 1982年)
  • 50 (1983年)

登録名


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。