お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

沼津市



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

沼津市(ぬまづし)は、静岡県の東部、伊豆半島の付け根に位置する人口約19万人の市。施行時特例市。

概要

駿河湾に臨む伊豆半島の付け根、愛鷹山の麓に位置する港町である。静岡県東部地域の中心都市であり沼津都市圏を形成する。

古来、東海道の陸路と海路を繋ぐ交通拠点であり、江戸時代には沼津城が築かれ東海道の宿場町として栄えるなど人、物、情報の交流拠点として、この地域の政治経済や商業、文化の中心的役割を担ってきた。

気候が温暖である他、箱根、伊豆半島や富士山への観光拠点としても便利な立地条件でもあるため、保養地としても発達した。環境省が公開した富士山がある風景100選では市内6ヶ所が選定されている。明治時代から1969年に亘っては、政財界の著名人が別荘を建て、皇室も沼津御用邸を構えたために、「海の有る軽井沢」とも称された。井上靖を初めとする文人墨客所縁の地でもある。

水産業が盛んであり、「アジの開き」の干物、「雑節」の生産は市ごとの統計が廃止される2005年まで日本一の規模であった他、近年では新鮮な魚介類を求め沼津港を訪れる観光客が増加している。だがここ十数年間では経済状況が悪化し、人口の減少が続いている。

地理

市街地から程近い香貫山は市民の憩いの場となっており、駿河湾に面した千本松原には、ゆかりの作家、芹沢光治良や若山牧水らの文学碑が点在する。なお、市街地を流れる狩野川は静岡県を流れる一級河川の中で唯一北上する川である。

富士市との間には浮島沼が広がっている。静岡県最長の60kmの海岸線は砂浜からリアス式海岸まで変化に富み、それを生かしたレジャー、スポーツも盛んであり、大瀬崎は全国的に有名なダイビングスポットである。

駿河トラフ(南海トラフの北端の海溝)の東端が市の沖にあるため、深海魚のラブカやタカアシガニ等の水揚げがある一方、プレート境界型の地震(東海地震)の危険性が指摘されており、国・静岡県・周辺自治体とともに地震対策、特に津波対策に力が入れられている。自主防災組織の活動も活発であるほか、自治体による防災設備の拡充にも力が注がれている。

地形

山岳丘陵
  • 愛鷹山(1188m)
  • 静浦山地 - 香貫山(193m)、横山(183m)、徳倉山(256m)、鷲頭山(392m)、大平山(356m)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。