お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

富士市



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

富士市(ふじし)は、静岡県東部の市である。施行時特例市でもある。

概要

  • 市町別人口は、浜松市、静岡市に続いて静岡県第3位の人口を誇る。静岡県東部で富士都市圏に属する。また、富士山の南にあり、岳南地域という言葉も使われる。
  • 富士山を望む地域の1つで、東海道新幹線富士川橋付近から新幹線とともに写された写真などが有名である。
  • 富士川や富士山の伏流水など水資源が豊富であったことに加えて大消費地の首都圏に近い地の利を生かして最盛期の1991年(平成3年)には旧富士川町を含まない旧富士市内だけで6035億円の出荷額を誇る製紙の街として栄え、大昭和製紙本社工場(現・日本製紙富士工場鈴川事業所)や王子マテリア(旧・王子製紙)などの多数の製紙工場が活発に生産を行っていた。しかし、2009年(平成21年)2月に王子製紙富士工場の製紙ラインの一部が操業停止となるなど「パルプ・紙」の事業所数は275から224に減少が進んだことから、2011年(平成23年)の製紙業の出荷額は4407億円へ落ち込んでいる。2012年(平成24年)9月末には日本製紙富士工場鈴川事業所(旧大昭和製紙本社工場)での紙生産を全面的に停止となるなど製紙業の衰退が続いており、製紙・パルプの生産減少傾向が続いている。
  • かぐや姫伝説の地であり、比奈に「竹採公園」が設置されている(「富士山とかぐや姫」)。
  • 富士川町の編入合併に伴い、市西部を流れる富士川を境に電力の周波数が異なり、市東側(旧富士市)は東京電力の50Hz、市西側(旧富士川町)は中部電力の60Hzである。このように同一自治体で電力の周波数が異なる事例は北隣の富士宮市(旧芝川町を編入)でも見られる。
  • ゴジラシリーズ『ゴジラ対ヘドラ』の舞台の地である他、本広克行監督の2015年2月28日に公開された映画『幕が上がる』では物語の主な舞台となり、市内各地でロケが敢行された。

地理

高低差
  • 海抜最高 3,421m(富士山9合目近辺)
  • 海抜最低 0.7m(浮島沼)
  • 市街地から見て東に愛鷹山塊、北方に富士山が位置する。
  • 日本三大急流の一つである富士川や潤井川のほか、沼川・砂沢川・凡夫川・伝法沢川・千束川・赤渕川・須津川といった河川を有する。
  • 旧来は西部に広大な富士川氾濫原(恒常的な氾濫により生活圏でない地帯)が占めまた約147haの湿地帯が広がる地域であった。富士川氾濫原が分布する地帯は居住地とはなり得なかったため井戸が存在しない程であったが、富士川の平定によるいわゆる「加島五千石」の形成と製紙業の隆盛を経て工業地帯へと変化した。
  • 愛鷹山塊のうち最高峰の越前岳が富士市に位置し(裾野市も含む)、その富士見台は富士山がある風景100選に指定されている。また愛鷹山鋸岳に連なるキレットが特徴である。
  • 駿河湾に面する。海岸線は10kmであり、周囲は95.9kmである。東西に23.2km、南北に27.1kmの広さである。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。