CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 中村芝翫

中村芝翫

中村芝翫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中村 芝翫(なかむら しかん)は、歌舞伎役者の名跡。定紋は祇園守(成駒屋祇園守)、替紋は裏梅。屋号は初代と二代目が加賀屋、三代目以降が成駒屋。

概要

「芝翫」は三代目中村歌右衛門の俳名に由来する。三代目歌右衛門は文化15 - 16年 (1818年 - 1819年) の短い期間これを名跡として名乗っていた。かつては歌右衛門の前名として使われていたが、七代目は1967年の襲名後この名を終生通し、人間国宝となった。七代目が終生この名で通した理由の一つに叔父の六代目歌右衛門と年の差が無いことも理由の一つであり、七代目の遺言により七代目の長男が「歌右衛門」を七代目の次男が「芝翫」を襲名するようにとあったため、七代目の死後七代目の次男が襲名した。これにより「芝翫」は歌右衛門の前名ではなくなり、独立した名跡となった。

歴代

  • 初代 中村芝翫
    • 初代中村歌右衛門の子、1778年 - 1838年。狂言作者として金澤龍玉。
    • 初代加賀屋福之助 → 三代目中村歌右衛門 → 初代中村芝翫 → 三代目中村歌右衛門 → 中村玉助(隠居名)
  • 二代目 中村芝翫
    • 初代の門弟で後に養子、1798年 - 1852年。
    • 藤間亀三郎 → 中村藤太郎 → 初代中村鶴助 → 二代目中村芝翫 → 四代目中村歌右衛門
  • 三代目 中村芝翫
    • 三代目 中村歌右衛門の門弟から養子、1810年 - 1847年。実父は二代目中村歌右衛門の子・二代目中村東蔵
    • 中村西蔵 → 中村才蔵 → 二代目中村鶴助 → 三代目中村芝翫
  • 四代目 中村芝翫
    • 二代目の養子、1831年 - 1899年。実父は大坂の役者・中村富四郎。俗に「大芝翫」。
    • 初代中村玉太郎 → 初代中村政之助 → 初代中村駒三郎 → 初代中村福助 → 四代目中村芝翫
  • 五代目 中村芝翫
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。