お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

内橋和久



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

内橋 和久(うちはし かずひさ、1959年11月14日 - )は、日本のギタリスト、作曲家。

概要

大阪府生まれ。

ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー。

レーベル「イノセントレコード(旧 前兵衛レコード)」主宰。インプロヴィゼーショントリオ/アルタードステイツ主宰。

1983年頃から即興を中心とした音楽に取り組み始め、国内外の様々な音楽家と共演。活動の領域は音楽だけにとどまらず、映像作品や演劇などの音楽も手掛け、中でも、劇団維新派の舞台音楽監督を20年以上にわたり務めている。音楽家同士の交流、切磋琢磨を促す「場」を積極的に作り出し、1995年から即興ワークショップ「ニュー・ミュージック・アクション」を神戸で開始する。その発展形の音楽祭、フェスティヴァル・ビヨンド・イノセンスを1996年より毎年開催(2001年のみ休止)。近年はこれらの活動と併行してUAやくるりのプロデュース、ツアーメンバーとしても活動。即興音楽家とポップミュージシャンの交流の必要性を説く。また、2002年から2007年までNPOビヨンド・イノセンスを立ち上げ、大阪フェスティバルゲート内でオルタナティヴ・スペース、BRIDGEを運営したことでも知られる。現在はウィーン、東京を拠点に活躍。

ソロプロジェクト“FLECT”ではエレクトロハーモニクスの16セカンドディレイマシンとサステナーを内蔵したゴダンのギターを駆使して、もはやギターを超越したサウンドスケープを作り上げる。一方自己のバンド、アルタードステイツや超即興では、パワーと独創性に満ちたギター的アプローチで、インプロヴィゼーション(即興)とコンポジション(楽曲)の境界を消し去っていく。

近年では親友でもあるギタリスト/Hans Reichelの発明による新楽器ダクソフォン(Daxophone) の日本唯一の演奏者としても知られている。

主なバンド活動歴

  • モダンチョキチョキズ 1989〜1997
  • アルタードステイツ(内橋和久、ナスノミツル、芳垣安洋) 1989〜継続中
  • 維新派 1982〜継続中
  • KING PAWNS(Hans Reichel&内橋和久) 1991〜2012
  • Ground Zero(大友良英) 1994〜1997
  • R.U.B.(Ned Rothenberg、Samm Bennett、内橋和久) 1997〜継続中
  • ファンタズマゴリア(岩田江、江崎將史、稲田誠、小島剛、一楽儀光(後期はサム・ベネット)、内橋和久) 1999〜2002

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。