CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 宮田大

宮田大

宮田大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

宮田 大(みやた だい、1986年7月5日 - )は、日本のチェリスト。

人物・来歴

経歴

香川県高松市生まれ、栃木県宇都宮市出身。音楽教師の両親のもと、2歳よりヴァイオリンを始め、3歳よりチェロを始める。中学時代ではバレーボール部の部長を務め、県大会まで出場している。(ポジションはセッター。)

桐朋女子高校音楽科(男女共学)を卒業。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。その後、スイスとドイツに留学、2009年にカルテットでスイスのジュネーヴ音楽院を卒業し、2013年にはソロでドイツのクロンベルク・アカデミーを首席で卒業する。

チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの両氏に師事。ソロのマスタークラスでヤーノシュ・シュタルケル、堤剛、リン・ハレル、ジョヴァンニ・ソッリマ、ゲイリー・ホフマン、ジェローム・ペルノー、ルイス・クラレ、ダヴィド・ゲリンガスら各氏の指導を受ける。また、チェロ奏者以外のアーティストのマスタークラスを受講し、アンドラーシュ・シフ、ギドン・クレーメル、ユーリ・バシュメット、マウリシオ・フックスら各氏から無伴奏作品やチェロソナタなどのレッスンを受ける。加えて、室内楽を小澤征爾、東京クヮルテット、原田禎夫、原田幸一郎、加藤知子、今井信子、矢部達哉、川崎洋介、渡辺實和子、安芸晶子、山崎伸子、岡田伸夫、リチャード・ヤング、ガボール・タカーチ=ナジ、ミケランジェロ弦楽四重奏団、ジュリアード弦楽四重奏団、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団バルトーク弦楽四重奏団上海クァルテットフェルメール・カルテットら各氏・各団の指導を受ける。

共演(オーケストラ)

これまでに、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、水戸室内管弦楽団、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、琉球交響楽団、栃木県交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、シエナウインドオーケストラ、九州管楽合奏団、平塚フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニック・ソサエティ・東京などの日本のオーケストラと共演。

海外のオーケストラでは、パリ管弦楽団、ロシア国立交響楽団、BBCスコティッシュ交響楽団、フランクフルト・シンフォニエッタ、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ放送交響楽団、プラハ・フィルハーモニア、南チェコ・フィルハーモニー、ハンガリー放送交響楽団、ベトナム国立交響楽団、香港小交響楽団、ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団などと共演している。

共演(音楽家)

日本を代表する数多くの指揮者との共演に加え、小澤征爾、エリアフ・インバル、レオシュ・スワロフスキー、クリストフ・ポッペン、ダン・エッティンガー、ヴァレリー・ポリャンスキー、ヴァシリー・シナイスキー、オンドレイ・レナールト、アレクサンドル・ラザレフ、クリストフ・コンツなどの指揮者や、リン・ハレル、ギドン・クレーメル、ユーリ・バシュメット、マキシム・ヴェンゲーロフ、オーギュスタン・デュメイ、オリヴィエ・シャルリエ、マルタ・アルゲリッチ、ミッシャ・マイスキーなどの演奏家と共演。 近年はジュリアン・ジェルネ、小山実稚恵、竹澤恭子、田村響、大萩康司、三浦一馬、三浦文彰、反田恭平、清塚信也、西尾真実などの各氏と共演。

演奏は共演者からの支持も厚く、小澤征爾に絶賛され、上皇・上皇后の臨席のもと、サントリーホールでハイドン作曲チェロ協奏曲第1番を小澤征爾の指揮と水戸室内管弦楽団と共演。

また、チェコのドヴォルザーク・ホールでドヴォルザークのチェロ協奏曲を演奏した際には、終演後にドヴォルザークの子孫から「今まで聴いたドヴォルザークのチェロ協奏曲の中で1番感動した」と好意的なコメントを貰い、後日ドヴォルザークの生家に招かれ、直接手紙も貰っている。(宮田大の公式インスタグラムより)

献呈・初演

作曲家から数々の作品が献呈されている。

チェロ協奏曲では、尾高惇忠から献呈された「チェロ協奏曲」の世界初演、および、菅野祐悟から献呈された「チェロ協奏曲〜十六夜〜」の世界初演を行い、好評を博す。また、オスバルド・ゴリホフ作曲「チェロ協奏曲〜アズール〜」の日本初演も行う。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。