CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 深沢七郎

深沢七郎

深沢七郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

深沢 七郎(ふかざわ しちろう、1914年〈大正3年〉1月29日 - 1987年〈昭和62年〉8月18日) は、日本の小説家、ギタリスト。山梨県生まれ。日川中学卒。職を転々とし、ギター奏者として日劇ミュージックホールに出演。『楢山節考』が正宗白鳥に激賞され、異色の新人として注目を集めた。「中央公論」に発表した『風流夢譚』に関わる右翼テロ事件(嶋中事件)後、筆を折った時期もあったが、土俗的な庶民のエネルギーを描いて独自の作品を発表し続けた。農場や今川焼屋を経営したり、ギター・リサイタルを開催したりと多くの話題を残した。他に代表作『笛吹川』『東京のプリンスたち』『庶民烈伝』『みちのくの人形たち』など。

来歴・人物

1914年(大正3年)1月29日、山梨県東八代郡石和町(現笛吹市石和町)に生まれる。旧制日川中学校(現山梨県立日川高等学校)卒業。中学の頃からギターに熱中し、ギタリストとなる。

1954年(昭和29年)、「桃原青二」の芸名で日劇ミュージックホールに出演した。1956年(昭和31年)、42歳の時に、姨捨山をテーマにした『楢山節考』を中央公論新人賞に応募、第1回受賞作となった。三島由紀夫らが激賞して、ベストセラーになった。しかし芥川賞候補にはならなかった。また、戦国時代の甲州の農民を描いた1958年の『笛吹川』も評判になり、映画化もされた。

1960年末に『中央公論』に発表した『風流夢譚』の中で描かれた皇室の描写を巡って、翌年、中央公論社社長宅が右翼に襲撃される嶋中事件(風流夢譚事件)が起こった。そのため筆を折って3年間各地を放浪したが、その間も『流浪の手記』などを執筆している。1965年11月8日、埼玉県南埼玉郡菖蒲町(現久喜市)に落ち着き、上大崎の見沼代用水近くに2人の若者を連れて「ラブミー農場」を開き、以後そこに住んだ。このラブミー農場には、嵐山光三郎、赤瀬川原平、篠原勝之らが訪れた。

1968年10月31日、心筋症による重度の心臓発作に見舞われ、生死の境をさまよった。以後、亡くなるまでの19年間、闘病生活を送ることとなる。1971年、東京都墨田区東向島の東武曳舟駅の近くで今川焼屋「夢屋」を開く(包装紙は横尾忠則のデザインによる)。

1980年、「みちのくの人形たち」で第7回川端康成文学賞に選ばれたが、「殺生の罪」を理由に受賞辞退。1981年に『みちのくの人形たち』で谷崎潤一郎賞を受賞した。

1987年、8月18日、深沢は床屋の椅子に座り昼寝をしていた。付き人が用を足しにほんの数分離れ、戻ってくると深沢は死んでいた。73歳没。告別式では、遺言に従ってフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やエルヴィス・プレスリー、ローリングストーンズなどをBGMに自ら般若心経を読経したテープや、自ら作詞した『楢山節』の弾き語りのテープが流された。

深沢はエルヴィス・プレスリーの大ファンで、「短編しか書けないのは、マンボやロカビリーやウエスタンのような小説が書きたかったから」と語っていた。「東京のプリンスたち」にはエルヴィスの曲名が次々に登場する。また、ビートルズやジミ・ヘンドリックスも好んでいた。

著作

  • 『楢山節考』中央公論社、1957 のち新潮文庫 
  • 「東北の神武たち」(1957年)
  • 「揺れる家」(1957年)短編
  • 「柞葉の母」(1957年)短編
  • 「三つエチュード」(1957年)短編
  • 『言わなければよかったのに日記』中央公論社(1958年)エッセイ のち文庫 
  • 『笛吹川』中央公論社(1958年)のち新潮文庫、講談社文芸文庫  

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。