お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

MIKIKO



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

MIKIKO(みきこ、1977年8月11日 - )は、日本の演出振付家。女性ダンスカンパニー、株式会社ELEVENPLAY(イレブンプレイ)代表取締役。愛称は「MIKIKO先生」。

経歴

東京都生まれ。三人姉妹の末っ子で2歳のとき、父親の転勤で広島市へ引っ越す。広島の自宅は毎年5月にひろしまフラワーフェスティバルが開催される平和大通り(100m道路)沿いにあり、ステージの骨組みが出来ていく過程を興味深く眺めていた。父親が広告代理店に勤務していたため、ライブや舞台裏を見ることができた。振付師という職業を知ったのも、米米CLUBのライブをバックステージで見せてもらったことが切っ掛けという。舞台を作る仕事の原点は子ども時代にあるのかもと話した。安田女子中学校のバトン部の一員としてフラワーフェスティバルの舞台やパレードに出て、人前で踊る楽しさを覚え、高校に入ってヒップホップダンスを始めた。

1996年、19歳からバレエとストリートダンスの経験を元にダンス指導を開始する。1999年、大学在学中の21歳のとき、テレビ新広島がアミューズと提携してアクターズスクール広島を開校するための最初の講師陣の一人となった。一期生には当時小学校5年生だった(のちの)Perfumeもいた。スクール時代の振り付けレッスンか、Perfumeが東京に出て以降も、(アミューズでの初期の活動の一時点を除いて)楽曲ほぼすべてで振り付けを担当している。スクールの発表会は年に春と秋の2回あり、年間約50曲の振付をスクール生のために作成し、構成を含めたスキルが鍛えられた。

2000年にMAXのバックダンサーとなり、同時期にダンスグループVAXを結成した。広島と東京の間を週1回は往復する生活を5年間ほど送る。2003年、当時中学3年生のPerfumeがアミューズとマネジメント契約を結び、3人だけで上京。

2005年、28歳のときMIKIKOもアミューズとマネジメント契約を結び、本格的に演出家としての活動を開始、「つくる仕事」に専念するため東京に転居。この直接のきっかけは同社会長の大里洋吉が舞台「DRESS CODE」を見たこと。MIKIKOはその作・演出・振り付けを手掛けた。大里は演出家になること、感性を磨くため米国ニューヨークに転居することを指示。2006年から二年間米国留学。在米中もビデオレターを用いてPerfumeらにダンスを指導した。2008年帰国しPerfumeがブレイクしたことを知る。

帰国後、アミューズ所属のアーティストを中心に振り付けを提供。2009年、ELEVENPLAYを立ち上げ。この頃からテレビCMの振り付けやコンサート演出を大量に手掛けるようになる。2010年、さくら学院の結成以降、同グループとその派生ユニット(BABYMETAL、科学究明機構ロヂカ?など)の楽曲すべてを振り付け。2012年、蛯原友里、押切もえ、安座間美優、山本美月らモデル17人が踊るファッションショー「Canコレ!」の振り付けを担当。

2014年、ELEVENPLAYが初音ミクと共にレディー・ガガのコンサート前座を務める。MIKIKOが振り付け・演出した 伊勢丹の宣伝動画 がグッドデザイン賞を受ける。2015年、技術と芸術の祭典「SXSW」におけるPerfumeの 公演 が「ACC CM FESTIVAL」インタラクティブ部門の総理大臣賞/ACCグランプリを受賞。MIKIKOは絵コンテを作り、真鍋大度らに照明やカメラワークを指示した。

2016年、リオ五輪閉会式における、五輪旗引き継ぎ式 の芸術パートを担当。同年、テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』エンディングの振り付け(恋ダンス)を担当、大きな反響を得る。ミュージックビデオ「Cold Stares」がオーストリアの芸術賞「Prix Ars Electronica」(Computer Animation/Film/VFX部門)のAward of Distinctionを受ける。2017年、デジタルメディア協会はMIKIKOに、AMD Award '16 審査員特別賞(Jury's special award)を授与。同年、『VOGUE JAPAN Women of the year 2017』を受賞、東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームに就任。

2018年、「第4回Women of Excellence Awards」にてビジネス部門を受賞。

振り付けや演出の特徴

目標は踊り手の身体や個性を美しく見せること。米国で体型や文化の差を確認したことが転機となった。例えば、ヒップホップのような外来のダンスをそのまま取り入れず、かつ着物のような外見ではなく、細やかさのような日本人の内面を表現することを一層重視する。MIKIKOは日常の仕草を振り付けに多用し、プロジェクターやドローン、LED、移動式半透過スクリーンなど先端技術を用いた演出も得意とする。最も影響を受けた振付師は「引き算の美学」を感じるボブ・フォッシーと話した。

脚本家で映像、音楽制作を手掛ける小中千昭は、振り付けの特徴の一部を次のように指摘した。

  • 振り付け対象が広範:テクノやJ-POPはもちろん、ヘヴィメタルも対象とする。しかも後者ではブラストビートやギターソロまで視覚化した。「グラッドストーンというものがある。ブラストビートを叩く上では必須な技術なのだが、『Road of Resistance』イントロの騎乗ダンスはその視覚化」(公式動画 の01:25)。「ギター・ソロにダンスがついている事が判る。

恋ダンスにおける振り付けの目標は、楽器の音や歌詞を解説し、振り付けがない場合と異なる面を観客に感じさせることだった。星野源は振り付けを「楽曲の持つ魅力とリスナーへの伝達力を何倍にも大きくしてくれる」と評した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。