お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

獅子文六



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

獅子 文六(しし ぶんろく、1893年(明治26年)7月1日 - 1969年(昭和44年)12月13日)は、日本の小説家、演出家。本名は、岩田 豊雄(いわた とよお)。演劇の分野では本名で活動した。日本芸術院会員、文化勲章受章者。号は牡丹亭。愛媛県宇和島市津島町に句碑がある。

母方の祖父は実業家(花火製造業)の平山甚太。弟の岩田彦二郎は札幌グランドホテル社長。

来歴・人物

日清戦争開戦の前年、1893年に、横浜市中区月岡町9番地(現在の横浜市西区老松町の迎賓館付近)に誕生。父の岩田茂穂は、福澤諭吉に学んだのちに、絹織物商「岩田商会」を営んでいたが、豊雄が9歳のおりに死去する。横浜市立老松小学校から慶應義塾幼稚舎に編入学。慶應義塾普通部を経て、慶應義塾大学理財科予科に進学するも中退。

1922年から数年間、演劇の勉強のためにフランスへ渡る。フランス人のマリー・ショウミーと結婚し、帰国後に長女の巴絵が生まれる。妻のマリーが病気のためにフランスへ帰り、マリーの死去から自身の再婚までは、長女と二人だけの暮らしが続いた。この時期には、演劇の仕事だけでは生活が立ち行かなくなり、「四四、十六」をもじった獅子文六の筆名で、小説家として活動するようになる。1934年、雑誌『新青年』に掲載された『金色青春譜』が、長編小説の処女作である。1936年に、最初の新聞連載小説として報知新聞に掲載された『悦ちゃん』は大好評となり、このときに小説家としての獅子文六の筆名が知れ渡ることになった。

1937年、岸田國士、久保田万太郎と共に文学座を創立する。「文学座」の命名は岩田のものによる。岸田、久保田と共に文学座幹事(のちに顧問)を務め、岸田、久保田がこの世を去った後は、文学座の最後の精神的支柱として、文学座座員はもとより、文学座を脱退した劇団雲、劇団NLTの面々からも信頼を一手に受けた。

1942年、真珠湾攻撃の「九軍神」の一人を描いた『海軍』で朝日文化賞を受賞する。この作品がきっかけとなり、戦後に「戦争協力作家」として「追放」の仮指定がされたものの、1ヶ月半後に解除された。1945年12月から1947年までは、愛媛県宇和島市津島町(旧北宇和郡岩松町)に疎開。この地での体験が、戦後最初の新聞連載小説となった『てんやわんや』、『大番』などの作品に取り入れられた。

1950年2月には、2人目の妻であった富永静子が急死。同年に神奈川県中郡大磯町に転居する。この時期に朝日新聞へ連載した『自由学校』が、翌年に松竹(渋谷実監督)と大映(吉村公三郎監督)で競作映画化される。同1951年、吉川幸子(きっかわゆきこ、男爵吉川重吉の娘)と三度目の結婚。

1955年には『青春怪談』が日活(市川崑監督)と新東宝(阿部豊監督)で競作映画化されている。また『娘と私』は、1961年にNHKで『連続テレビ小説・娘と私』としてテレビドラマ化された。

1963年には日本芸術院賞を受賞、翌年には芸術院会員となる。1969年には文化勲章を受賞し、文化功労者となった。同年12月13日に脳出血のため赤坂の自宅で死去。戒名は牡丹亭豊雄獅子文六居士。谷中霊園に眠る。

同時代の流行や諷刺を取り込むことに長けた作品が多く、多くの長編小説が映像化されたが、近年はほとんどが絶版となってしまっていた。しかし、2013年にちくま文庫から復刊された『コーヒーと恋愛』を契機に、表紙や解説などに現在の作家を起用した新装版が、ちくま文庫を中心に、朝日文庫、中公文庫から刊行されている。2017年には『悦ちゃん』がNHK土曜時代ドラマで再びテレビドラマ化された。

家族

  • 母方の祖父・平山甚太 - 実業家(花火製造など)。1840年生、1900年没。
  • 大伯父 - 中村道太 - 甚太の兄。横浜正金銀行初代頭取。
  • 父・岩田茂穂 - 横浜市弁天通りで、欧米人を相手に「S.EWATA(岩田商店)」を営んでいた商人
  • 母・あさじ
  • 弟・岩田彦二郎 - 札幌グランドホテル社長、府中カントリークラブ創設者・初代会長、東京スポーツマンクラブ創業者
  • 妻・マリー・ショウミー - フランス人。小学校長の娘。矢田部達郎のフランス語家庭教師だったショミイと同一人物ではないかと言われている。1925年に結婚後、娘・巴絵をもうけたが、帰国後に病没。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。