CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 高橋みのる

高橋みのる

高橋みのる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 みのる(たかはし みのる、1959年(昭和34年) - )は、日本の現代玩具作家。

青森県八戸市に生まれ、現在も八戸を拠点とする。現代玩具作家であり、「木」「メカニズム」「遊び心」をもとに「メカ木ズム」と自身でネーミングした概念を用いて、新時代の玩具の製作を進めている。はっち4階でもからくり作品で遊ぶことができる。八戸市にあるポータルミュージアムはっちの「からくり獅子舞(2011年)」の製作をきっかけとして、コンピューター制御による新たな表現に取り組む。

1982年木工を始める。1986年「工芸都市高岡’86クラフトコンペ」入選。1987年「第三回朝日創作おもちゃコンクール」朝日新聞社賞。1988年「第五回ハンズ大賞」稲本正賞。1988年「第四回朝日創作おもちゃコンクール」審査員特別賞。1989年「第五回朝日創作おもちゃコンクール」朝日新聞社賞。1991年「第六回朝日創作おもちゃコンクール」審査員特別賞。1991年「第一回八戸市美術報奨」受賞。

1999年「第三回飛騨高山木工からくりコンテスト」飛騨高山観光協会賞 受賞。

2000年テレビ東京の番組TVチャンピオン「木のおもちゃ職人選手権」で優勝。

2002年様々な分野からのアーティスト30人に選ばれ、「THE ドラえもん展」に招待参加。サントリーミュージアム[天保山]を皮切りに国内13美術館を巡回。2006年カナダ・トロワリビエール市 個展。2010年八戸市美術館にて個展。2012年八戸工業高等専門学校の依頼により、シンガポール テマセク・ポリテクニックに赴き、日本とシンガポールの学生による「からくり制作のワークショップ」を行う。

2015年1月にソウル日本大使館・公報文化院の「日韓文化交流展」に招待参加。作品展示とワークショップを行う。2016年6月にディズニー映画イベントの「アリスと時間のアート展」(汐留・日本テレビ)に招待参加。2016年静岡大学・教育学部にて「オートマタ製作集中講義」を行う。2017年に川崎市市民ミュージアム「からくりトリックの世界」展を開催。2018年にあすたむらんど徳島にて「ぐるぐるミュージアム展」を開催。2018年につくばエキスポセンターにて「〜アッ!とおどろく歯車パワー〜 からくり動物」展を開催。2019年に愛媛県総合科学博物館にて「からくりランドの大冒険」展を開催。

2020年に刈谷市・夢と学びの科学体験館にて「ぐるぐるミュージアム展」を開催。2020年に八戸ポータルミュージアムはっちにて「あそらぼ2020展」を開催。2021年に鳥取県日南町美術館にて「木のからくりおもちゃ展」開催。2022年に山口県・防府市青少年科学館ソラールにて「ぐるぐるミュージアム展」開催。

  • 八戸聖ウルスラ学院中学校 技術科 非常勤講師(2010年〜現在)
  • 八戸工業大学 教職課程 木材加工 非常勤講師(2013年〜2021年)

主な作品

  • 「消えるタイムマシン」(川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 2002年)
  • 「飛べ! ACT-G号」(青森県立三沢航空科学館エントランスホール展示 2003年)
  • 「森政弘カップ」(2005年)
  • 「いちいの森」(三沢市いちい幼稚園 2008年)
  • 「からくり獅子舞仕掛時計」(からくり時計。はっち1階展示 2011年)
  • 「文字からくり」(八戸市立柏崎小学校 2011年)
  • 「ウミネコからくり」(からくり時計。三陸復興国立公園 種差海岸インフォメーションセンター 2014年)
  • 「ひまわり音楽会」(八戸市千葉幼稚園 創立60周年記念事業 2014年)
  • 「大空へ!森の動物たちと共に」(横須賀市救急医療センター 2014年)
  • 「からくり時計・八戸」(からくり時計。はっち2階展示 2015年)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
【良席多数あり!】
前売:5,000円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

2022年11月16日 (水) 〜
2022年11月20日 (日)
シアターグリーン
BIG
TREE
THEATER