お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

三遊亭多歌介



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三遊亭 多歌介(さんゆうてい たかすけ、1966年11月26日 - 2021年8月27日)は、落語家。落語協会に所属していた真打。

経歴

東京都で生まれ、鹿児島県を経て中1で埼玉県越谷市に転入。越谷市立富士中学校で落語研究会に入部。春日部共栄高等学校在学中、1983年三代目三遊亭圓歌に入門。前座名「歌ちわり」。内弟子として4年半修行に励んだ。1989年に二ツ目昇進、「三遊亭歌風」を襲名。

1998年に三代目三遊亭歌雀、林家しゅう平、三遊亭歌武蔵と共に真打昇進、「多歌介」と改名。全国の講演会に出演していた。

2021年8月27日14時40分、新型コロナウイルス感染症のため、死去。54歳没。同月17日の鈴本演芸場での高座が最後の舞台となった。訃報は29日に落語協会から公式に発表された。

家族も療養中であることから、マスコミの取材に応じた弟弟子の三遊亭鬼丸が「20日頃に発症して、そこから自宅療養して、26日に入院してから急に(容態が悪化した)」と説明した。鬼丸は「同門のみんなから愛されていましたね。すごく優しくて気遣ってくれる人だった。すごくお母さん思いで、家を建ててあげたりしてた方だったんで」と兄弟子の死を悼んでいる。

コロナ禍中の講演では「コロナをそんな恐れてはいけない」「笑いで免疫力を上げよう」と笑い飛ばし、同業者に対しても「コロナは単なる風邪だ」と言い張ったり「ワクチンは打たないほうがいいよ。俺は打たないから」と宣言していたと伝えられている。

芸歴

  • 1983年 - 三代目三遊亭圓歌に入門、前座名「歌ちわり」
  • 1989年 - 二ツ目昇進、「歌風」を襲名
  • 1998年 - 真打昇進、「多歌介」と改名
  • 2021年8月27日 - 死去

脚注

出典

参考文献

  • ときめきインタビュー (PDF) 」 『広報こしがや季刊版』平成22年冬号、2011年10月30日、 17頁、2021年8月29日閲覧。

外部リンク

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。