お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

根本要



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

根本 要(ねもと かなめ、1957年5月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、スターダストレビューのボーカル・ギター。血液型はA型。

来歴・人物

埼玉県行田市出身。埼玉県立不動岡高等学校卒。日本大学芸術学部放送学科中退。スターダストレビューでのデビュー前、「クレージー・パーティー」名義でアニメ映画「がんばれ!!タブチくん!!」(1979年)の主題歌を歌っていた(本名で作曲も担当)。この当時「がんばれば愛」を作曲した大滝詠一は、「非常に声の高い人」という印象を持ったと言っている。

巧みな話術ゆえにコンサートでは長く喋り過ぎることがしばしばあるが、「今日はあまり喋りません。純粋に音楽を楽しんでください。」と言うと、客からはブーイングが起こる。このようにステージトークも期待されている、ミュージシャンとしては稀有な存在(他にはさだまさし、松山千春、やしきたかじん、武田鉄矢ら)。コンサートに占めるトークの割合は3割に達し、対策として舞台に回転灯が設置された(喋り過ぎると光る)。

メディアではラジオをメインに活動している。MBSラジオMBSヤングタウン第一部のパーソナリティも長期に亘り務め(1987年1月〜1993年12月)、RKB毎日放送でもレギュラー番組「LIVEやろうぜ」を受け持った。現在は、KANとFM COCOLOにて、「KANと要のWabi-Sabiナイト」を放送中。他の番組は後述。

ディスコグラフィ

  • スターダストレビューでデビューする前のクレイジー・パーティー時代
  1. がんばれ!!タブチくん!!/WAOH!!
    「がんばれ!!タブチくん!!」:アニメ映画「がんばれ!!タブチくん!!」、「がんばれ!!タブチくん 第2弾 激闘ペナントレース」、「がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生」OP、「WAOH!!」:アニメ映画「がんばれ!!タブチくん!!」ED
    B面の「WAOH!!」のイントロ部分はフジテレビ系幼児教育番組「ひらけ!ポンキッキ」のミニコーナーのBGMに使われた事がある。
  2. がんばれば愛/涙の誘惑ストリート
    「がんばれば愛」:アニメ映画「がんばれ!!タブチくん 第2弾 激闘ペナントレース」、「がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生」ED
    「がんばれば愛」の作曲は大瀧詠一で、コーラスも「Jack Tones」と言う大瀧が一人多重録音コーラスをする際に名乗るコーラスグループ名で一人多重録音コーラスを担当。大瀧がコーラスも担当した理由は、クレイジー・パーティーのスタッフがデモバージョンに入っていた大滝の多重録音コーラスを聞いて大滝にコーラスを依頼した事による。

ラジオ出演でのエピソード

  • つボイノリオがパーソナリティを務めていた『ハイヤングKYOTO』にゲスト出演した際、高校生の不純異性交遊について「みんなやっているんじゃないですか?」と発言、先に同様の発言で周辺の教育委員会から抗議を受けていたつボイを慌てさせた。
  • スターダストレビューの「トワイライト・アヴェニュー」をカバーした金月真美をNACK5での番組にゲストとして迎えたところ、なぜか埼玉県春日部市にあるロビンソン百貨店(のちの西武百貨店春日部店、2016年2月29日閉店)の話題で盛り上がり(金月は番組中で「ブレイク前まではロビンソン百貨店でアルバイトをしていた」と発言)、1時間番組のほとんどをこの話題に費やした。
  • TBSラジオの『コサキンDEワァオ!』によくゲスト出演していたが、ついつい自分の好きなアダルトビデオの話になってしまい、スタレビでの根本しか知らない純粋なファン達を絶句させてしまった。また、同番組では必ずといって良いほど「根本がオノ・ヨーコに似ている」というネタが出る。2007年7月に出演した際には、根本の方から「♪あなたのオノ・ヨーコ〜」と歌って登場した。

前述のように、歌もさることながら話術も卓越しており、その両方を活かせるラジオでより持ち味を発揮しているといえる。現在の最長寿番組はJFN系37局中24局ネットのFM『要のある音楽』(1998年4月〜)。埼玉のFM局・NACK5では、2016年5月現在、月曜深夜0時〜1時に「NACK de ROCK」を放送中。

脚注・出典


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。