お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

プリンセス天功



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

二代目・引田 天功(ひきた てんこう)は日本のイリュージョニスト。別名プリンセス・テンコー (PRINCESS TENKO)。日本奇術協会国際交流委員長。初代引田天功の死後、1980年12月15日に襲名した。フランス アニエール生まれ。その後日本を経てラスベガス在住。近年はイタリアに居住。

「UFOに乗って地球に降り立った」とアメリカのプロフィールでは紹介されている。公式プロフィールでは、1995年より全てのパーソナル・データが不詳、又は未公開になっている。アメリカでテンコー人形800万体が売れるなど、海外で人気の高い日本人の一人である。

人物

子供の頃に難病を患い「18歳まで生きられないかもしれない」と宣告され、アメリカの子供病院で治療し奇跡的に完治。帰国する際に母親から「何でも好きな事をやっていいよ」と言われ「舞台女優になりたい」と話したところ、母親に連れられ、初代引田天功に1976年から師事。これは母の従兄弟が引田天功事務所の社長だった縁からである(同社長がのちに森企画事務所を設立し、二代目天功のマネージメントを担当)。

1977年に、初代引田天功の代役で「空中ケーブルからの大脱出」(日本テレビ)を行った後、1978年6月21日に『朝風まり(あさかぜ まり)』の芸名でデビュー、マジックを披露しながら歌う異色のアイドル歌手としてデビューし、しばらく歌手として活動、デビューシングルは『ザ・マジック』、セカンドシングル『くせになるから』だったが、後年、純粋にアイドル歌手としてデビューしたかったためマジックしながら歌うのはちょっと嫌だったと発言している。

初代の死去後、初代が心筋梗塞で倒れた際に天功が「女性の方がインパクトがある」と言われ代役を務めあげた。その際に両耳の鼓膜を破ったが、初代に劣らず完璧に仕上げた。この功績により、初代の後援会の要望で1980年12月15日に二代目を襲名(襲名披露場所はホテルニューオータニ)。先代の遺志を受け継ぎ、大がかりな脱出イリュージョンを展開するようになる。その後は日本国内より国外に活動の比重を置くようになり、世界各地で公演を展開し「プリンセス・テンコー」の愛称で知られようになる。朝風まり時代から後援会長は、佐川急便創業者であり会長であった佐川清である。

アメリカでの契約条項では「引田天功」と「プリンセス・テンコー」は別のキャラクターとして設定されており、演じるマジックやイリュージョンも全く別々のものである。引田天功は日本人だが、プリンセス・テンコーはアメリカ出身のアメリカ人という設定が与えられているためである。引田天功は喋らない設定であるため、テレビ番組にはプリンセス・テンコーとして出演する場合が多い。後者は「プリンセス天功」と表記されることもままある。

アメリカとの契約は、細かい設定があり、「設定は24歳」「日本人と結婚してはいけない」「髪は黒髪」「太っても痩せてもいけない」「ミステリアスな話し方をしなくてはならない」「前髪の長さの規定」「スーパーやコンビニで買い物をしてはいけない」「四方にガードマンを配置する」「電車に乗ってはいけない」など、1mの長さにも及ぶ。一度、天功が金髪に染めた際にすぐに電話がかかり、国際裁判にかけられたが、とっさに「あれはカツラです」と嘘をついたため、難を逃れた。

また、契約は「宇宙も含む」とされており、「もし火星人が来た時にも、公演してもらう」と言われ、天功が「宇宙人なんて本当にいるんですか?」と聞いたところ、「内緒だけど、いる」と言われた。本人は「アメリカの契約は、本気なのかジョークなのか、分からない部分がある」と語った。

先代の教えである「体を張った本物のイリュージョン」を守っており、テレビ番組にて、両手両足を拘束されてガラスケースの中に入った天功が、爆発する船から脱出するイリュージョンを披露。前代未聞の企画だったためか、予定より早く船が爆発。天功は既に脱出済みであったが、火薬の量も相当なもので、大量の煙を吸い込んでしまい、一酸化炭素中毒となり、気絶した。病院にて全身の血液を交換。その一週間後には次の公演があったが、休むことなく出演した。他にも鼓膜を5回張り替える手術を受けたり、機械のミスでナイフが刺さり、肋骨を折る怪我をしている。

本人曰く、「全身の血液を交換する前までは人の言うことを素直に聞く良い子だったが、交換後は人の言うことを聞かなくなり、ものすごくアクティブになった。」そのため「血液の持ち主がすごく強い人だったのかもしれない」と語っている。

自宅には大量のペットを飼っている。有名なペットでホワイトタイガーを飼っている。赤ちゃんの頃から飼い、しっかり躾もしているため、本人曰く「猫ちゃんと同じ」であり、大人しいが、来客は必ず驚くという。ほとんどのペットは貰ったものであり、北朝鮮で公演した際にも犬を貰っており、宇宙飛行の訓練でロシアを訪問しているため、ウラジーミル・プーチンからも犬を貰っている。

本人曰く「時給制」であり、時給は5000万円。海外、特にテレビ出演よりも舞台公演の方が、パフォーマンスでの需要が高いアメリカ合衆国では、この制度は比較的普通な事であるが、その代わりにセットや人件費は、全て自己負担である。

北朝鮮で公演した際に、水からの脱出イリュージョンにて、金正日が「肌が荒れてはいけない」という理由から、2トンもの?vianを使用してくれた。本人は「優しいんだか優しくないんだか、わからない」と思ったという。

自身がアイドル歌手だった過去は、別段隠してはいない。同期はサザンオールスターズ。当時人気があったビューティペアの前座を務めていた。アイドル歌手時代は「先輩がみんな優しくて、周りのアイドルとも仲が良くて楽しい事ばかりだった。」と懐旧したが、「マジシャンになってから嫌な事ばっかり」と愚痴をこぼした。

関ジャニ∞の錦戸亮に初めて会った時に、あまりにも自身の父親に顔がそっくりで驚いたという。家族に許可を得ていない事や契約上の理由から、テレビで父親の顔は写せなかったものの、写真を見た錦戸が「俺だ!」と驚くほど似ていた。

幼少期のほとんどを、アメリカの子供病院で過ごしたため、英語はネイティヴに話せる。しかし、契約上言葉を話す事はしない。日本では舞台では一言も話さないが、他ではごく普通に会話したり、ジョークも飛ばす。笑い上戸であるため、公演の際にはかなり気をつけているという。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。