お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

sola



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


sola』(そら)は、久弥直樹原案、七尾奈留キャラクター原案による日本のメディアミックス作品。

『月刊コミック電撃大王』(メディアワークス)において阿倍野ちゃこによる2007年1月に漫画としても連載、ドラマCDが発売された。同年4月から6月までテレビアニメが放送され、アニメに関連してインターネットラジオも配信された。

作品舞台のモデルは長崎県長崎市である。

ストーリー

加名見町に住む高校生、森宮依人は「空」が好きな少年だった。

空の写真を撮ることが趣味の彼は、今日もまたカメラを携え、"夜が青空に変わる一瞬”を撮ろうと水辺の森公園に赴く。夜明け前、公園の自販機の前で彼は、不思議な少女と出会う。その少女、四方茉莉は、「青空」に対しての憧れを滲ませながら、掴み所のない性格で依人を翻弄する。

その後、ふとした騒動に巻き込まれたことで、依人は茉莉と日々の生活を共にするようになると同時に、彼女が「夜禍」という夜にしか生きられない存在であることを知る。

「空」が好きな少年と「青空」に憧れつつも見ることの叶わない少女。同じ想いを共有する二人が出会い、惹かれ合うとき、依人と茉莉。その他運命に翻弄される少女達の物語は動き出したのだった。

登場人物

メインキャラクター

森宮 依人(もりみや よりと)
声 - 岡本信彦
本作の主人公。御池学園に通う高校1年生。空が好きでデジタル型一眼レフカメラを愛用しており、いい情景を見ると所構わず写真を撮ろうとしているため、クラスメイトからは「空バカ」と呼ばれている(その関係で、一眼レフカメラの最新型に目が無い)。人形を選ぶセンスが全く無い。両親はすでに亡くなっており、姉の蒼乃と2人で暮らしている。
その正体は蒼乃が作り出した幻で、依人の記憶を植え付けられた幻影。そのため肉体は紙で構成されている。
四方 茉莉(しほう まつり)
声 - 能登麻美子

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。