お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

→Pia-no-jaC←



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)は、ピアノ担当のHAYATOとカホン担当のHIROの2人による、日本のインストゥルメンタルユニットである。2005年1月に結成され、楽曲はピアノとカホンのみのシンプルな構成である。その音楽ジャンルには『ハイブリッド・インストゥルメンタル』と呼ばれている。2009年11月1日にPEACE PRODUCTION inc.マネジメント事務所を設立し独立レーベルPEACEFUL RECORDSに移籍した。

メンバー

HAYATO
ピアノ担当。本名、立成 隼人。大阪府出身。
3歳からクラシックピアノを始めるが形式的なレッスンが自分には合わないと感じ、小学校6年生でレッスンをやめる。しかし、ピアノへの思いは捨てきれず、中学からは自己流でピアノを弾き始める。
高校からバンド、ユニット等でピアニストとしてのライヴ活動を経た。
学生時代はさまざまなコピーバンドを掛け持ちしていた。
メインバンドはオリジナルが多く、高校時代からすでに作曲したものを演奏。
ピアノ(シンセサイザー)は、ヤマハ製のCP4 STAGEを使用。
HIRO
カホン担当。本名、森冨 正宏。大阪府出身。
6歳からエレクトーンを、高校でドラムを始める。
2002年、20歳の時に幼馴染のシンガーソングライターの一言をきっかけに、当時知らなかったカホンを独学で始める。それ以降、本格的に音楽活動を開始。
関西を中心にアーティストのサポートミュージシャンとして活動を日々続けていた。
カホンは、ZO'S Cajon、DE GREGORIO製を使用。シンバルなどはUFiP製の製品を使用。

結成

それぞれが弾き語りミュージシャンのサポートをしていたところ、あるミュージシャンのレコーディングのスタジオで出会う。その後、行く先々のミュージシャンのサポート現場で会ううちに意気投合。サポートユニットとして2005年4月1日に→Pia-no-jaC←を結成した。

サポートユニットとして活動を始めたところ、サポートしていたミュージシャン達がデビューしたり、関西から関東へ活動拠点を移動したりしたために、サポートの場が減り、本格的にピアノとカホンだけのインストゥルメンタルのスタイルでの活動を始める。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,000円(税込)
2018年10月8日 (月)
日比谷野外大音楽堂