お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

一路真輝



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

一路 真輝(いちろ まき、1965年1月9日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター(1993年 - 1996年)。宝塚時代の愛称はイチロいっちゃん(本名に由来)。

愛知県名古屋市出身。東宝芸能所属。

来歴・人物

宝塚歌劇団へ

小学6年生の時に初めて中日劇場で宝塚歌劇団の定期公演安奈淳主演、花組公演「うつしよ桜」「ノバ・ボサ・ノバ」を観劇し、入団を志す。特に専門的なレッスンは受けていなかったにも関わらず、1回の受験で合格し、1980年に宝塚音楽学校入学。1982年、68期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は7番。「春の踊り」で初舞台を踏み、男役として雪組に配属となる。芸名の由来は『真実一路』から。入団当初の芸名は一路万輝。同期生には初代宙組組長の大峯麻友、元星組組長で現専科男役の英真なおき、元月組娘役スターでタレントのあさなぎりん(在団時の芸名は朝凪鈴)などである。

音楽学校卒業公演ではソロをつとめた歌唱力で早くから注目された。また娘役としても違和感のない容姿だったことから、1985年、『はばたけ黄金の翼よ』ではヒロイン・クラリーチェに抜擢された。その後、1987年の『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』の公演中に自然気胸で入院するが、同年『梨花王城に舞う/ザ・レビュースコープ』で復帰した。なおこの時期に一路万輝から一路真輝へ改名する。その後男役2番手となり、1993年『天国と地獄/TAKE OFF』で待望の雪組トップスターに就任(相手役は紫とも)。「雪之丞変化」より相手役に星組出身の花總まりを迎える。

1996年、『エリザベート』千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。サヨナラ公演では「男役の限界も越えていく」と評された歌唱力でオーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる難役・トートを演じた。

退団後

宝塚退団後は『王様と私』『南太平洋』等の名作ミュージカルで主演するほか、ディナーショー・レコードのリリース・テレビドラマと幅広く活躍した。1998年4月ウイーン・アン・デア・ウイーン劇場にてトートとして歌い、ウイーンの観客の喝采を浴びる。同年、ローリー・シュトラウスの白血病基金「メロディとメモリー」でニューヨークの舞台でも歌唱。また、『エリザベート』のエリザベート役を長期にわたって演じた。

2006年5月、『エリザベート』の相手役だった内野聖陽と婚約を発表。同7月に一路が妊娠していたことが判明したため、7月末入籍し、8月に公表。同年10月に女児を出産した。当初2008年度にも芸能活動再開の予定であったが、2007年契約先・東宝芸能を通し「育児・家庭生活(の徹底)を優先させるため、女優業を無期限付の長期休業する」旨が発表される。これに伴い事務所公認の公式ファンクラブも解散された。

2010年3月5日、6日に開催される「with songs by live @ クリエ」(東京・日比谷シアタークリエ)で約4年ぶりに復帰、2010年12月から上演された『アンナ・カレーニナ』にて本格的に舞台復帰を果たす。

2011年8月18日、内野と離婚届を提出したとFAXで発表した。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

新人公演

  • 1983年 『うたかたの恋』ジャン(本役・平みち)
『ブルー・ジャスミン』カシム王子(本役・麻実れい)
  • 1984年 『風と共に去りぬ』アシュレ(本役・平みち)
『千太郎纏しぐれ』卯之吉(本役・平みち)
  • 1985年 『はばたけ黄金の翼よ』ドルチェS(本役・麻実れい)
『愛のカレードスコープ』ビクトール(本役・平みち)
  • 1986年 『大江山花伝』茨木童子(本役・平みち)
『三つのワルツ』ルドルフほか(本役・平みち)
  • 1987年 『サマルカンドの赤いばら』ハッサン(本役・平みち)
  • 1988年 『風と共に去りぬ』レット・バトラー(本役・平みち、杜けあき)
『たまゆらの記』安宿王(本役・平みち)

本公演


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,000円
(全席指定・税込)

※公演により内容、出演者が異なります。
詳細は、公式HP【出演スケジュール表】をご確認の上、
購入の際は十分ご注意ください。
2019年1月27日 (日) 〜
2019年2月9日 (土)
東京国際フォーラム
ホールC