CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 伊礼彼方

伊礼彼方

伊礼彼方



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊礼 彼方(いれい かなた、1982年2月3日 - )は、神奈川県出身の俳優。血液型はB型。身長178cm。舞台を中心にミュージカルやストレートプレイ、ライブ、コンサート、朗読劇、ラジオドラマ等、ジャンルを問わず幅広く活動中。

来歴

中学時代から音楽活動を開始。2001年に「THE LANTERN」を結成、2003年脱退。2004年から「Daniel Control」として活動。路上ライブをしている時に声をかけられ、オーディションにて2006年『ミュージカル テニスの王子様』に六角中 佐伯虎次郎役で舞台デビュー。

2008年、東宝版『エリザベート』にて皇太子ルドルフ役に抜擢される。以降、舞台を中心に活動中。

ミュージカルやストレートプレイなど、ジャンルや役柄を問わず、確かな演技力と歌唱力で多数の話題作に出演。

2013年3月31日付けでグランアーツを卒業し、同年4月1日より株式会社KANATA LTD.を設立。

2019年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』ジャベール役で上半期の読売演劇大賞にノミネート。

2019年、藤井隆主宰のレーベルSLENDERIE RECORDより、初のミュージカル・カバー・アルバム『Elegante』をリリース。全国ツアーでインストアイベントも開催。

2020年、ミュージカル『ミス・サイゴン』主演エンジニア役を務める予定だったが新型コロナウィルスにより全公演中止に。コロナ禍で発足された「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」の賛同人代表を務める。

2021年1月、「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」の後継として設立された「一般社団法人 未来の会議」理事に就任(2021年〜)。

人物

沖縄県出身の父とチリ出身の母の間に生まれる。幼少期は海外(アルゼンチン)で過ごし、その後、横浜へ。中学生の頃より音楽活動を始め、ライブ等で活動しながらミュージカルと出会う。その後、舞台を中心にミュージカル以外にもストレートプレイや朗読劇、ライブコンサートなどジャンルや役柄を問わず、幅広い表現力と歌唱力を武器に多方面で活動中。

特技は、楽器演奏(ギター、ベース、ドラム)、スペイン語、口(くち)トランペット

出演

舞台

  • ミュージカル テニスの王子様 Advancement Match 六角 feat.氷帝学園(2006年8月) - 佐伯虎次郎 役
  • ミュージカル テニスの王子様 Absolute King 立海 feat.六角 - 佐伯虎次郎 役(2007年8月 - 9月)
  • ミュージカル テニスの王子様 Dream Live 4th・Dream Live 4th Extra公演 in 大阪(2007年) - 佐伯虎次郎 役
  • ミュージカル テニスの王子様 Progressive Match 比嘉 feat.立海 (2007年12月 - 2008年2月)- 佐伯虎次郎 役

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:15,000円+さらに500Pゲット!(06/17 16時00分更新)(完売)
A席:10,000円+さらに1500Pゲット!(06/22 16時00分更新)
B席:5,000円(完売)
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。

【ご注意】
★カード決済のみ。7月27日(水)10:00以降にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2022年8月1日 (月) 〜
2022年8月31日 (水)
帝国劇場
販売終了

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S 席:14,000円
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。9/23(金・祝)10:00以降にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。

【ご注意】
※公演により一部出演者が異なります。Wキャストにつきましては、【公式HP】を必ずご確認の上、ご購入いただきますようお願いいたします。


こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年9月25日 (日) 〜
2022年9月30日 (金)
Bunkamura
オーチャードホール