お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

片岡鶴太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

片岡 鶴太郎(かたおか つるたろう、1954年12月21日 - )は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家、プロボクサー、ヨーギ(ヨガ実践家)。本名は荻野 繁雄(おぎの しげお)。愛称は「鶴ちゃん」。太田プロダクション所属。絵を描くときのみ左利き。弟は太田プロダクション社員(バラエティマネージメント1部部長)の荻野良乙(よしお)。

東京都荒川区西日暮里出身。東京都立竹台高等学校卒業。

概要

生い立ち

実家の荻野家は埼玉県所沢市の農家であり、父方の祖父は神田で青果店を営んでいた。鶴太郎の父は長男だったため、彼の母は彼の弟だけを引き取り所沢の本家に置いて行かれた。戦後、職を求めて成増の金属加工場に就職して鶴太郎の母と出会う。母方の祖父は羽子板職人だったが、太平洋戦争の空襲で家と職業道具全てを失ってこれを機に廃業し、戦後はお好み焼きを売る屋台を営んでいた。父親は祖父の死後、祖父の実家がある所沢で育ち。戦後は東京成増の金属加工工場で働いた。結婚後は西日暮里の妻の家族の近所で暮らし始め、1954年に鶴太郎が生まれた。

鶴太郎は父親に連れられて、寄席や演芸場へ通っていた。物心づいた頃から芸人を志し、10歳の時、動物の物真似でフジテレビの素人参加番組『しろうと寄席』にテレビ出演。その時のADが後に『笑っていいとも!』のプロデューサーとなる横澤彪だった。早くから芸人を志し、高校進学に際しては中学3年時の初めには成績が下から2、3番だったが、夏休みの1か月間で小学校6年生の教科書からやり直し上位10番に入り、東京都立竹台高等学校に入学。演劇部に所属し、3年次には部長を務めた。

デビュー

高校卒業後、俳優を目指し、清川虹子の自宅へ何のあてもないままいきなり訪問し弟子入りを志願したが清川には会えず、清川の付き人から「男の付き人は採らない」と断られ、最後には警察を呼ぶと言われ断念。粘れば弟子入りを許してもらえるだろうと思っていた目論見が崩れてしまった鶴太郎は、生活の為しばらく土木作業員などの仕事を経験した後、1973年に声帯模写の片岡鶴八に弟子入りし、声帯模写で東宝名人会や浅草松竹演芸場などの舞台に出演するようになる。

師匠である片岡鶴八は、「声帯は人によって違うから、君に僕の芸はそのまま教えられない」と、芸を教えてくれなかったが、そば屋に連れて行ってもらってそばの食べ方の手ほどきを受けたり、「芸人として売れるまで、そば屋では盛りそばしか食べてはいけない」など芸人としての「粋」を教えてもらったという。鶴八は、盛りそばを食べる鶴太郎の目の前で江戸前の天丼を食べていたが、これは「君も早く売れる芸人になりなさい」という師匠なりの激励であった。鶴太郎は師匠の懐の深さを知り、「いつかは師匠と一緒に天丼を食べたい!」と決意するが、売れ出した頃に師匠は亡くなってしまい、その願いは叶うことがなかった。

そんな売れていない頃、電話帳で見つけた女性宅へ郷ひろみの物まねでいたずら電話をし、「もしもし。僕、ひろみ。」と女性へ本物の郷ひろみと思わせた頃、「ガハハ!騙された!」とファンを逆なでするようないたずらをよくやっていたという。

1976年頃に大阪で隼ジュン(後の隼ブラザーズ)の元で修行、岡鶴太郎(デビュー当初は「片」がない)の芸名でトランポリンの地方興行を行う。このままで終わってしまうことに不安を感じ2年ほどで一座を脱退。知人の紹介で松山の道後温泉で劇団に所属して司会やものまねの仕事に就き修行を重ねる。温泉旅館での宿泊客の老人には持ち芸である小森和子の真似はウケなかったが、鶴太郎の才能を理解してくれた座長の娘と半年後に上京、結婚した。夫人との間には3人の子供をもうけたが、テレビ番組では30歳の頃から別居状態であると明かしており、2017年に離婚している。一部週刊誌は離婚の原因を若い頃からの浮気癖としているが、本人はヨガに熱中してストイックな生活に没頭したため妻とのすれ違いが生じたと真相を語っている。

全国区の人気

24歳で実質的なテレビデビューとなるフジテレビ系『お笑い大集合』に出演、ここで後に、漫才ブームの仕掛け人の一人となった横澤彪と再会。片岡鶴太郎の芸名でテレビに進出するが漫才ブームには乗れず。その後お笑いタレントとして『オレたちひょうきん族』で披露した近藤真彦のものまねにより一躍脚光を浴び、九官鳥の「キューちゃん」や浦辺粂子、たこ八郎等の真似で人気を博した。

当時は小太りの体型で、熱いおでんを無理矢理食べさせられて大げさなリアクションを繰り出す など、被虐的なキャラクターだった。そのため、鶴太郎こそがいわゆる「リアクション芸人」の元祖だとの声もある(上述の芸は、現在事務所の後輩であるダチョウ倶楽部の持ちネタとして有名である)。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。