お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

大和ヒロシ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大和 ヒロシ(やまと ヒロシ、1983年10月20日 - )は、日本のプロレスラー。本名:三原 弘嗣(みはら ひろし)。千葉県君津市出身。東京農業大学卒業。

経歴

小学校3年生時に町内の少林寺拳法道場に入門。中学時代はバスケットボールとサッカーに励み、高校から大学まではレスリング部で活躍。君津青葉高校3年生のときに千葉県高校総体で85キロ級優勝、その年の国体ではグレコローマンでベスト16入り。大学時にはJOC杯ジュニアオリンピック76kg級で3位の成績を上げている。

2006年に行われた武藤塾の新人オーディションに合格し全日本プロレスに入門。合格ラインはギリギリであったが、自己アピールで得意の滝口順平といっこく堂のモノマネを披露し、それが合格の決め手となった。「大学時代にバイトで綿あめ売りをしていた時に、余興でやっていたものまねが役に立った」。

全日本プロレス

2007年2月に、同期入門のKAIと共にメキシコ修行に出る。2月22日に、IWRGにてYAMATOのリングネームでデビュー。KAIとのタッグで見事に初試合で初勝利を挙げている。ちなみに本人は試合中に記憶が飛び、気づくと控え室にいてKAIから試合が終わったという事実を聞いたという。

6月3日、KAI、元SUPER CREWのSASAKIと組んでIWRGトリオのタイトルに挑戦するも破れる。

7月26日メキシコシティにて、30人で争ったREY DEL RING王座を奪取。デビュー5か月で早くも初タイトルを獲得した。8月5日に王座防衛に成功。

2008年2月17日の後楽園ホール大会で『大和ヒロシ』のリングネームで日本デビュー戦を行い、同期の真田聖也&T28から勝利を奪った(パートナーはKAI)。その後、KAIとのタッグでジュニア・タッグリーグ戦に出場。若手ながらも奮闘し、土方隆司、中嶋勝彦組、NOSAWA論外、MAZADA組から大金星をあげた。

5月シリーズから怪我のため欠場していたが、7月20日の後楽園ホールにて、真田聖也と組み、土方隆司、征矢学と復帰戦を行った。結果は土方に負け、「3か月は埋められなかった」と発言し、ジュニア・ヘビー級リーグ戦へエントリーされなかった悔しさを露にした。そして、「またイチからやりなおしたい」と語った。

F4

8月22日、後楽園での小島聡対TARU戦終了後、VOODOO-MURDERSにリンチされていた小島を天山広吉、KAIと共に救出。小島、KAIと新ユニット「F4」を結成し活動して行く事を宣言した。

また、10月13日、新日本プロレスの両国大会に参戦。G・B・Hと対戦するが惜しくも敗れる。

11月3日、F4として天山、NO LIMITと対戦。結果は負けてしまうも対戦相手を何度も苦しめるなど、キャリアの差を感じさせない攻防を見せた。

2009年11月23日、カズ・ハヤシ、近藤修司とのタッグマッチに相棒のKAIと組んで挑む。結果は、グラウンドコブラツイストでカズ・ハヤシからピンフォール勝ち。最強タッグ最中でジュニアヘビーの選手にはテーマが無いと思われた中、先の神戸大会でぶちあげた世代交代の波にいち早く乗りつけた。しかしその後は勝利に恵まれず、結果世界ジュニアヘビー級王座の挑戦権を渕正信に奪われてしまう。

それから大幅な肉体改造に着手。努力の甲斐あって12kgの減量に成功し「バキバキ」ボディを手に入れた。

2010年、新春シャイニングシリーズ2日目のジュニアヘビー級バトルロイヤルで優勝。試合後世界ジュニア王座挑戦を表明、シリーズ最終戦での選手権試合では、戦前に王者カズから『最低の挑戦者』等と罵られていたが、前哨戦、そして本番と王者はおろか観客まで熱狂の渦に巻き込むファイトを展開した。

2月、F4がブードゥー・マーダーズとの解散マッチに敗れたためユニット解散。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。