お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

八王子市



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

八王子市(はちおうじし)は、東京都西部(多摩地域)に位置する市。2015年に東京都で初めて中核市に指定されている。2021年時点で多摩地域(市町村)で最も人口が多く、都内唯一の中核市となっている。東京府(現在の東京都)において、東京市(現在の東京23区)に次いで2番目に市制を施行した市である。人口は約58万人で、都内では東京都区部に次ぐ第2位である。面積は奥多摩町に次いで、東京都の市区町村で2番目に広い。

概要

古く戦国時代には後北条氏および徳川氏から軍事拠点として位置づけられて城下町となり、江戸時代には甲州街道の宿場町(八王子宿)として栄えた。絹織物産業(多摩織)・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都(そうと)」という美称があり、西行の歌と伝えられる「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある。明治以降、山梨県や長野県、群馬県(桐生市)、栃木県(足利市)などから鉄道により八王子に生糸が集積され、絹織物に加工された。絹織物や生糸は横浜鉄道(現在のJR横浜線)で横浜港に輸送され、当時の貴重な外貨獲得源として世界中に輸出された。

明治時代には南多摩郡の郡役所所在地となり、 1917年には東京府内で東京市に次ぎ2番目に市制を施行した。以降は多摩地域の行政と商業の中心都市として、国や東京都の出先機関、商業施設や商店街などが集積する都市となっている。また東京都心から約40キロメートルという近さもあり、高度成長期以降はベッドタウンとして発展していった。市の南東部の京王相模原線沿線(南大沢駅、京王堀之内駅)には、日本最大のニュータウンである多摩ニュータウンとJR横浜線沿線には八王子ニュータウン(みなみ野シティなど)が広がっている。かつて八王子駅を中心に多摩地域最大の商業・交通の拠点として栄え、特に駅北口には複数の百貨店が進出していた。しかし、1960年代以降の織物産業の衰退や、多摩地域における立川駅や町田駅の発展とともに次第に八王子の繁華街としての相対的な地位は低下し、2012年に北口駅ビル(八王子ナウ)に入居していたそごう八王子店の閉店により、市内の百貨店は全て撤退したが、閉店した八王子そごうが同年、JR東日本のショッピングセンターであるセレオ八王子に転換されるなど、大型商業施設のリニューアルや新規出店によって近年、小売業の年間商品販売額は増加傾向にある。かつて「織物の街」として栄えた名残で、八王子駅北口の中町には、全盛期からはかなり規模を縮小したものの、多摩地域唯一の花街(中町・黒塀通り)が残っている。

1960年代後半以降、中央大学や東京都立大学などが、広大な土地を求めて大学のキャンパスを都心から本市郊外に複数移転している。そのため、市内に大学・短期大学・高専が23校存在し、外国人留学生約3,100人を含む約11万人の学生が学ぶ全国有数の大学都市でもある。

市の西部には高尾山が位置し、東京都心からアクセスしやすいことから年間を通じて多くの観光客・登山客が訪れる。古くから修験道の霊山としても知られている。 高尾山の登山客数は年間約300万人と世界一を誇る。ミシュラン観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」での3つ星評価などの影響もあり、外国人観光客も多い。2020年には東京都内で初めて 「霊気満山 高尾山〜人々の祈りが紡ぐ桑都(そうと)物語〜」として文化庁が認定する「日本遺産」に認定された。

1986年に国土交通省より業務核都市と定められ、2007年4月に東京都初の保健所政令市に、2015年4月1日には東京都初の中核市に移行した。また、八王子駅周辺や南大沢駅周辺が都心等拠点地区にも指定されている。

全景

地理


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。