お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

伊丹市立演劇ホール



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊丹市立演劇ホール(いたみしりつえんげきホール)は、兵庫県伊丹市に所在する総合文化施設。通称名はAI・HALL(アイホール)を使用している。

概要

1988年11月、JR伊丹駅前に開館した総合文化施設。最大300席のイベントホールとカルチャールームA・Bがあり、演劇とコンテンポラリーダンスなどが開催される多目的ホールとなっている。

公演以外では、各種講座や演劇・ダンスのワークショップなどを通じて地域の方々に舞台芸術の魅力を伝えたり、教育機関と連携して子供達がゆたかな感性を育むように舞台芸術を通した教育にも力を入れている。

2005年には「第1回JAFRAアワード(総務大臣賞)」、2014年には「文化庁芸術祭賞優秀賞」を受賞している。

伊丹想流私塾・伊丹想流劇塾

1996年から本ホールが主催する戯曲執筆講座。

塾長の北村想が後進の指導・育成を行い、卒塾生の多くがOMS戯曲賞などの戯曲賞を受賞している。

21年間続いたが2017年に北村想は名誉塾長に退き、劇団 太陽族を主宰する岩崎正裕を塾頭として名前を「伊丹想流劇塾」と改め再スタートする。

次世代応援企画 break a leg

2012年から行っている、演劇・ダンスの分野で継続的に活動している若手劇団などを支援する事業。

同年に施行された「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」に基づく、文化庁「劇場・音楽堂等機能強化推進事業 地域の中核劇場・音楽堂等活性化事業」の補助事業として行われている。

劇場とその付属設備の使用料が全額免除され、チケット収入も全額上演団体に入る(公演製作にかかる費用並びに劇場管理人件費は上演団体が負担)厚遇された企画で応募団体の中から毎年2団体程度が選ばれ公演を行う。選考委員は、岩崎正裕(AI・HALLディレクター)と泉寛介(baghdad caf? 劇作家・演出家)が努めている。

施設

イベントホール


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。