お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

Dorothy Little Happy



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー、略称:ドロシーDLH)は、宮城県仙台市を活動拠点とするガールズユニット。所属事務所は同じく仙台市に本社を置く芸能事務所ステップワン、レーベルはOTODAMA RECORDS。

概要

仙台市において子供を対象にダンス・ヴォーカルスクールを経営するステップワンは、所属するスクール生でパフォーマンスユニットを複数結成させ、商業施設でのステージ出演やライブハウスでの自主公演イベントを行っていた。

2010年7月7日、トップユニットの仙台産エンタメガールズユニット・B♭(ビィフラット)から白戸佳奈、?橋麻里、鈴木美知代、富永美杜、秋元瑠海の5名が選抜され、「Dorothy Little Happy」(以下「DLH」)が結成された。当初は?橋、鈴木がツインヴォーカル、白戸、富永、秋元がダンサーという編成となっていた。同年11月25日の鈴木の芸能活動休止のため卒業、?橋をメインヴォーカルとするワントップ体制に移行、白戸、富永、秋元の3名にDLH公式バックダンサーズから選抜された早坂香美が加わり、4名でサブヴォーカルを担当する編成となった。以後は曲によってセンターが異なる場合もある。キャッチコピーは「聴けばカラダが踊りだす。見ればみんなが恋をする。」。2013年10月末、オリコン週間ランキングにてCD1万枚以上を越えて『ご当地アイドル殿堂入り』認定を果たした。

2015年4月28日、仙台MACANAで行われた「STEPONE GIRLS LIVE 2015 vol.6」にて、7月12日に中野サンプラザホールで開催される「Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary 〜just move on〜」のファイナル公演をもって秋元、富永、早坂の3名がグループを卒業し、新たなユニット「callme」のメンバーとして活動することを発表した。これにより白戸と?橋による2人体制のグループとなるが、2017年7月23日には更に白戸が芸能界引退のため卒業。以降、2018年12月16日に?橋がグループを卒業するまで、?橋のソロユニットとして活動。

2019年2月、栗村風香と加藤亜希菜が加入。4月に黒川季里、5月に竹内菜々が加入。10月、竹内が卒業、黒川が活動休止。

ユニット名

命名者は歌手の坂本サトル。「『オズの魔法使い』の主人公ドロシーのように、優しくて勇敢な気持ちを持ちつつ、小さな幸せにも気付くような子達であって欲しい」という願いを込めて付けられた。

メンバー

現メンバー

活動休止中のメンバー

過去に所属したメンバー

略歴

2010年

7月7日、ユニット結成発表。8月4日、デビュー・シングル『ジャンプ!』をBounDEEレーベルから発売。11月21日、DLH公式バックダンサーズから選抜された早坂香美が加入。11月25日、鈴木美知代の芸能活動休止を発表後、グループを卒業。12月1日、2ndシングル『冬の桜 〜winter flower〜』発売。

2011年

1月10日、初のライヴハウス公演で「デモサヨナラ」が初披露され、「好きよー!」「オレモー!」のコール&レスポンスが生まれた。2月1日、avex traxから3月16日にメジャー・デビューすることを発表。3月11日、東日本大震災の影響により、全てのデビュー・イベントが中止または延期となった。3月16日、avex traxよりメジャーデビュー・ミニ・アルバム『デモサヨナラ』発売。震災の影響でCDの流通が停滞したため、岩手県・宮城県・福島県の被災3県では1か月近く店頭にCDが並ばなかった。4月29日、ヒルサイドショップス&アウトレットの中庭ステージでチャリティーライヴを行い活動を再開。8月27・28日、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2011〜Eco & Smile〜」(以下「TIF」)に2日間で7ステージ出演。このときのダンスパフォーマンスや「デモサヨナラ」でのコール&レスポンスなどが話題となり、TIFで「発見された」「見つかった」などと表現されアイドルファンから急激に注目され、活動の場が全国に広がった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。