お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カタリーナ・ワーグナー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

カタリーナ・フリーデリケ・ワーグナー(ドイツ語:Katharina Friederike Wagner、1978年5月21日-)はドイツのオペラ演出家。バイロイト生まれ。バイロイト音楽祭の芸術監督、運営理事長。


生涯

カタリーナ・ワーグナーはヴォルフガング・ワーグナーとその2番目の妻、グートルーン・マックの娘。リヒャルト・ワーグナーのひ孫、フランツ・リストの玄孫に当たる。

バイロイトで生まれ育ち、ベルリン自由大学で演劇学部を専攻。ハリー・クプファーの演出助手としてベルリン国立歌劇場、バイロイト音楽祭で活動した(1996年「マイスタージンガー」、1999年「ローエングリン」、2002年「タンホイザー」、2004年「パルジファル」)。

2002年、ヴュルツブルクでキャリア初の演出を手掛けた。この演出、並びに、メディアを巻き込んで広範な議論を巻き起こしたそれ以降の演出では、父の演出スタイルとは明確に決別した。2007年のバイロイトの「マイスタージンガー」はセンセーションを呼び起こし、彼女自身の芸術スタイルがなお見えていないとして批判を浴びた。

2001年からバイロイト音楽祭で父ヴォルフガングの助手を務め、将来的な後継者と指名されるに至った。彼女自身の功績として、新人の演出家クリストフ・シュリンゲンジーフをバイロイトに招き、バイロイト祝祭劇場の広報を強化するなどしたが、ポピュリズムとの批判を受けた。2007年、プローベ(総稽古)を初めてジャーナリストに公開した。2008年、音楽祭の演目をバイロイトのフォルクスフェスト広場で映像と音声付きで生中継する試みがスタートした。

長年、メディアを中心に、バイロイト音楽祭の将来像について、ときに感情的なトーンを交えて議論が繰り広げられてきたが、2008年4月、ヴォルフガング・ワーグナーが、後任をカタリーナとエファ・ワーグナー・パスキエの二人の娘に任せて引退することを表明した。二人の娘はそれまで一度も会ったことがなかったが、これを受けて二人とも、バイロイト財団の実行委員会に応募し、委員会は2008年9月1日、22票の多数(2票の棄権)で採用を決定した。2015年9月1日より、カタリーナ・ワーグナーが音楽祭の理事長を単独で務めている。

2010/11年度の冬季シーズンより、ベルリン「ハンス・アイスラー」音楽大学の演出学科で名誉教授を務めている。

顕彰・会員

  • 2007年、バイロイト復活祭音楽祭委員会メンバー。ドイツの出版賞「金のプロメテウス」賞受賞(Goldener Prometheus)
  • 2012年、バイエルン州文化賞(Kulturpreis Bayern)
  • 2016年、バイエルン州ヨーロッパメダル(Bayerische Europamedaille)

演出

  • ワーグナー「さまよえるオランダ人」:2002年、ヴュルツブルク(マインフランケン劇場)
  • ワーグナー「ローエングリン」:2004年、ブダペスト(国立歌劇場、エルケル劇場)
  • ロルツィング「武器の鍛冶屋」:2005年、ミュンヘン(ゲルトナープラッツ国立劇場)
  • プッチーニ(音楽)、ジュゼッペ・アダミ、ジョヴァッキーノ・フォルツァーノ(台本)「三部作」:2006年、ベルリン(ドイツ・オペラ)
  • ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」:2007年、バイロイト(祝祭劇場)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。