CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 松岡和子

松岡和子

松岡和子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松岡 和子(まつおか かずこ 1942年4月17日- )は、日本の翻訳家、演劇評論家。東京医科歯科大学名誉教授。国際演劇評論家協会会員。テレビドラマや映画の英語翻訳家だった額田やえ子は義理の従姉にあたる。

イギリス文学戯曲の他、小説や評論の翻訳を手がける。第2回湯浅芳子賞、第58回日本翻訳文化賞、第75回毎日出版文化賞企画部門受賞。シェイクスピア全作の新訳に取り組んでおり、彩の国さいたま芸術劇場での彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員のひとり。2021年にシェイクスピアの戯曲の完訳を達成した。

来歴

旧満州新京生まれ。父親の前野茂は満州国の高官(司法部と文教部の次長)だった。長春市から通化市に移って居住し、通化事件と思われる大量遺体遺棄の現場を目撃する。父は中共軍にとらえられ、シベリアなどで11年抑留され、後にその体験を著書『生ける屍―ソ連獄窓十一年の記録』にまとめた。

引き揚げ後、父親の実家の岡山をへて、東京に移る。母は東京女子大学の出身であり、その同級生がカナダ人を招いて行っていた英語教室で10歳から英語を学ぶ。

1956年に父親が帰国するが、脳溢血状態での帰国であり、彼はすぐに入院する。

東京都立豊多摩高等学校、東京女子大学英文科卒業、東京大学大学院修士課程修了。

1982年から東京医科歯科大学教養部英語助教授、教授となったが、1997年翻訳に専念するため退任した。2020年、文化庁長官表彰。2022年朝日賞受賞。

エピソード

大学時代に加入したシェイクスピア研究会で、『真夏の夜の夢』のボトム役を演じたことで、芝居に開眼する。当初は演出志望であり、シェイクスピア翻訳者の福田恆存が主宰する劇団雲で研究生をしていた事がある。

著書

  • 『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社 1986年)
  • 『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房 1993年/ちくま文庫、2022年4月)
  • 『シェイクスピア「もの」語り』(新潮選書 2004年)
    • 改題『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫 2012年)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:11,000円
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。10/22(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年12月26日 (月) 〜
2023年1月22日 (日)
Bunkamura
シアターコクーン