お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

伊藤亜美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊藤 亜美(いとう あみ、1988年8月16日 - )は、東京都杉並区出身のヴァイオリニスト。2009年に日本音楽コンクール第1位受賞。2011年にRNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール第1位受賞。2013年にカール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位受賞。

2016年に活動名を尾池亜美から伊藤亜美に一旦改名したが、2019年より再び尾池亜美に戻す。


略歴

  • 外交官の父とピアニストの母のもとに生まれ、3歳よりヴァイオリンを始める。
1995年、父の赴任に伴いジュネーヴに渡る。ジュネーブではハビブ・カヤレイに師事し、11歳でジュネーヴ音楽祭にてオーケストラと共演。帰国後は石井志都子に師事。
  • 2004年、東京芸術大学附属音楽高等学校へ入学。同校3年時には、フランスのユネスコ本部にて開催された「東京芸術大学附属音楽高等高校オーケストラ・パリ公演(ユネスコ平和祈念コンサート)」に出演し、ソリストとコンサートマスターを務めた。
  • 2007年、東京芸術大学へ進学。澤和樹、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサに師事し、優秀な学生に授与される安宅賞を受賞。卒業時にはアカンサス賞(卒業最優秀賞)、同声会賞を受賞。
  • 2012年、スイスのローザンヌ高等音楽院ソリスト修士課程を最優秀の成績で修了。同院ではピエール・アモイヤルに師事。また、アモイヤル主宰のアンサンブル「カメラータ・デ・ローザンヌ」に参加し、フランス・エラートレーベルの録音にてアモイヤルと共演。その後、イギリスの英国王立北音楽院に奨学生として招かれ、ヤイル・クレスに師事し、インターナショナル・アーティスト・ディプロムコースを修了。
  • 2014年よりオーストリアのグラーツ芸術大学に在籍。ヤイル・クレスに師事し、研鑽を積む。
  • 2014年、初のソロCD「French Romanticism」が、「CD屋さんが選ぶ『クラシックCDアワード 2014』」に選出。
  • 2016年、ウィーンの教会で録音したCD「A」が、レコード芸術誌特選盤に選出。
  • 2019年、若手作曲家の坂東祐大らと「Ensemble FOVE(アンサンブル・フォーヴ)」という室内楽グループを結成し、CDを発表。
  • コンクールおよび音楽賞歴
    • 2000年、第54回全日本学生音楽コンクール(小学校の部)東京大会第2位。
    • 2002年、第56回全日本学生音楽コンクール(中学校の部)東京大会第2位。
    • 2003年、第11回日本モーツァルトコンクールに最年少で入賞。
    • 2008年、第11回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。
    • 2009年、第78回日本音楽コンクール第1位。同時に岩谷賞(聴衆賞)、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞。
    • 2009年、第19回青山音楽賞バロックザール賞。
    • 2011年、第2回RNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール優勝。同時に委嘱作品最優秀演奏賞。
    • 2013年、第12回カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位。同時にオーケストラ特別賞。
    共演
    • 新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア、東京フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ローザンヌ室内オーケストラ、カメラータ・デ・ローザンヌ、ジュール・フィルハーモニー管弦楽団、JAGMO、ARTE MANDOLINISTICA、ARTE TOKYO、パスピエ他。

    参考文献

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。