お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

鈴木翔太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴木 翔太(すずき しょうた、1995年6月16日 - )は、中日ドラゴンズに所属する静岡県浜北市(現・浜松市浜北区)出身のプロ野球選手(投手)。

経歴

プロ入り前

小学1年から野球を始める。当初は遊撃手で、5年時に投手に転向。北浜東部中学校時代には浜松シニアに所属し、3年夏に県大会準優勝を経験した。

聖隷クリストファー高等学校に進学し(普通科)、1年夏からベンチ入り。2年夏にはチームを初めての県大会ベスト4に導く活躍を見せた。3年夏はベスト8に終わり、甲子園出場はならなかった。

2013年のプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズからドラフト1巡目で指名。松井裕樹への重複指名抽選によって交渉権を逃した末の再指名ながら、契約金8,000万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団に至った。聖隷クリストファー高校の出身者としては初めてのプロ野球選手で、背番号は18

プロ入り後

2014年には、出身地の浜松市内にある浜松球場で6月17日に催された対埼玉西武ライオンズ戦の8回表に、救援投手として一軍公式戦にデビュー。秋山翔吾のソロ本塁打で1点を失ったが、1イニングを投げて2つの三振を奪った。以降も、一軍公式戦4試合に登板。勝敗は付かず、通算防御率は4.50であった。その一方で、ウエスタン・リーグの公式戦では、16試合の登板で2勝4敗、防御率4.74を記録している。

2015年には、3月20日に、阪神タイガースとのウエスタン・リーグ開幕戦(阪神鳴尾浜球場)で先発登板。しかし、6回裏に打球が左膝を直撃したため、緊急降板を余儀なくされた。同リーグの公式戦には、通算で12試合へ登板。防御率3.45を記録しながら、1勝6敗と大きく負け越した。その一方で、7月4日には、対読売ジャイアンツ(巨人)戦(ナゴヤドーム)でシーズン初の一軍公式戦登板。一軍では自身初の先発マウンドでもあったが、3点を失って4回表無死で降板した。結局、一軍公式戦全体では2試合に登板。勝敗は付かず、防御率も6.75にとどまった。

2016年には、一軍の先発ローテーションへ入ることを期待されながら、春季キャンプの直後から胸椎のヘルニア、左脇腹痛、右肩痛を相次いで発症。その影響で一軍公式戦への登板機会がなく、ウエスタン・リーグ公式戦でも3試合に登板しただけでシーズンを終えた。シーズン終了直後の契約交渉では、翌2017年の年俸に対して、NPBの野球協約で定められた減額率の上限(年俸1億円未満の選手では25%)を適用することを球団から通告。結局、推定年俸450万円で契約を更改した。なお、更改の後には、台湾で開かれたアジア・ウィンター・リーグにNPBウエスタン・リーグ選抜チームの一員として参加。リーグ戦5試合に登板すると、通算の投球回数(19イニング)とほぼ同数(18)の三振を奪った。NPBイースタン・リーグ選抜との決勝戦(12月18日)では、先発投手として5回を無失点で凌ぐとともに、9奪三振を記録。この好投でチームを優勝へ導いたことから、決勝戦のMVPに選ばれている。

2018年には、ドラ1トリオとしてローテーション入りが期待されるも血行障害もあり登板は2試合に終わった。 またシーズン終了後には松坂大輔と背番号を交換する形で18から99に変更した。11月には血行障害の手術も受けている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。