お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット購入で、ワクチン募金。200万本突破

三浦貴大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三浦 貴大(みうら たかひろ、1985年11月10日 - )は、日本の俳優である。東京都出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。アノレ所属。

経歴

成城学園中学校、成城学園高等学校では兄の影響で、水球部とライフセービング部に所属。順天堂大学では体育会のライフセービング部に所属し、ベーシックライフセーバーの資格を取得。全日本学生ライフセービング選手権大会(インカレ)ではオーシャンマンリレー7位・CPRコンテスト3位入賞等活躍する。

大学時代は精神保健福祉士を目指していたが、社会には様々なタイプの人間が存在することを知って、俳優になることを決める。大学卒業間際、父・三浦友和にそのことを報告すると、反対は一切なく、知り合いの『ALWAYS 三丁目の夕日』の阿部プロデューサーに相談してくれ、デビュー作が決まった(映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』)。同作での演技が評価され、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞および第35回報知映画賞新人賞を受賞する。

大正製薬「リポビタンD」のCMの16代目CMキャラクターに起用されて注目を集める。

2011年には『学校をつくろう』で映画初主演。2012年には『ふがいない僕は空を見た』『あなたへ』『わが母の記』ほかでの演技により第86回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞。一方で2013年には『最終特快』(NHK)でテレビドラマ初主演。2015年にはNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に毛利元徳役で出演し大河ドラマ初出演を果たす。

人物

父は俳優の三浦友和。母は元歌手・女優の山口百恵。兄はシンガーソングライター・俳優の三浦祐太朗。従弟は俳優・タレントの絲木建太。

ドラマ『キルトの家』で夫婦役を演じた杏とは幼馴染で、父親同士(杏の父は渡辺謙)も仲が良い。

兄・三浦祐太朗とは仲が良く、一緒に飲みに行ったり、誕生日にプレゼントをあげたりする仲。学生時代は同じ水球部・ライフセービング部に所属し、バンドも一緒に組んでいたことがある。舞台「クラウドナイン」に出演中に声が出なくなった際には、祐太朗がすぐに病院を探したり喉をケアするものを持って劇場に駆け付けたりした。

アイドルが好きで、中でもモーニング娘。の小田さくらを好きなメンバーとして挙げている。

出演

映画

  • RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010年5月29日、松竹) - 宮田大吾 役
  • FLOWERS-フラワーズ-(2010年6月12日、東宝) - 宮澤侘助 役
  • SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年12月1日、東宝) - 古屋 役
  • 学校をつくろう(2011年2月19日、ゴー・シネマ) - 主演・相馬永胤 役
  • BADBOYS(2011年3月26日、全力エージェンシー) - 主演・野村豊 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。