お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

高田茜



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高田 茜 (たかだ あかね、1990年4月18日 - ) は、東京都葛飾区出身のバレリーナ。2008年9月より英国ロイヤル・バレエ団に所属する。現在の階級はプリンシパル。

来歴

実家は祖父母と両親、兄1人、本人の6人家族。長女にして末っ子だった。3歳のとき、隣の江戸川区で高橋洋美にバレエを習い始める。高田をプロ入りまで指導した高橋によれば、「おっとりやさしい気持」をもつ少女で、もともとバレエの素質があったという。

1999年2月、小学2年のとき、日本バレエ協会主催の 『ドン・キホーテ』 公演で子役のキューピッドの一人として出演した。このときの主役は吉田都とホセ・カレーニョであり、高田は同じ舞台に立つ吉田に憧れを抱いたという。

2006年1月、中学3年のとき、NBA全国バレエコンクールで審査員特別賞を受賞。チャコットが提供する奨学金を得て同年9月からモスクワにあるボリショイ・バレエ学校に留学した。当初は留学生クラスに入れられたが、のちにナタリア・アルヒポワが担任するロシア人クラスに移り、クラシックのほか性格舞踊や歴史的舞踊も学んだ。

ボリショイ在学2年目の2008年2月、17歳のとき、ローザンヌ国際バレエコンクールに出場してプロ研修賞と観客賞を受賞。研修先としてロイヤル・バレエ団を選び、同年9月に研修生として入団した。研修生として最初に与えられた役は 『白鳥の湖』 の群舞だった。翌2009年5月にはA・マリオット振付の新作 『センソリウム』 の初演キャストの一人に選ばれる。

最初のシーズン途中の2009年1月に正団員としての契約を提示され、9月にアーティストとして正式に入団した。2010年秋にファースト・アーティスト、2011年秋にソリストに昇格。2011年12月には初めての全幕物の主役として 『くるみ割り人形』 の金平糖の精を踊った。2014年3月には 『眠れる森の美女』 の主役オーロラ姫を踊り、シーズン終了後にファースト・ソリストに昇格。

2015年3月には 『白鳥の湖』 の主役オデット/オディールを、12月にはアシュトン版 『二羽の鳩』 の少女役を踊る。翌2016年3月、『ジゼル』 の主役を踊り、シーズン終了後にプリンシパルに昇格した。

芸風・人物

高田の踊りに対する形容として、しばしば「輝き」 (sparkle) という言葉が用いられる。ソリストに昇格する以前から、『シルヴィア』 の山羊や 『オネーギン』 のオリガといった物語作品の役において、機知や純真さなどの役柄の表現を評価する声があった。2014年に踊った 『眠れる森の美女』 では、オーロラ姫の内面を描き出したことが評価されていた。

高田にとって 『ジゼル』 のタイトルロールを踊るのはかねてよりの念願だったという。ボリショイへ留学する前の2006年9月にはテレビ番組「学校へ行こう!MAX」へ出演、ポリーナ・セミオノワと対面し、ジゼルのヴァリエーションについて助言を受けていた。

東京の実家では犬と猫を飼っていた。小学6年生当時の練習時間は週に15-20時間だった。

2016年、VOGUE JAPAN Women of the Year 2016を受賞 。

動画

  • シェネの模範実技 - Royal Opera House
  • ドン・キホーテのリハーサル - Royal Opera House

主な出演歴


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。