お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

福島正実



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

福島 正実(ふくしま まさみ、1929年(昭和4年)2月18日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、樺太出身の編集者、SF作家、SF評論家、翻訳家。本名は加藤 正実(かとう まさみ)。別名に加藤 喬(かとう きょう)、原 狷介(はら けんすけ)がある。

長男の加藤喬(たかし、1957年 - )は元米陸軍大尉で米国防総省外国語学校日本語学部長であり、第3回開高健賞奨励賞受賞者である。次男の加藤まさし(別名・桑沢慧、1963年 - )も翻訳・著述を手がけている。義弟(妹の夫)は内田庶(宮田昇)。詩人田村隆一の2度目の妻は正実の従姉妹。

初代『S-Fマガジン』編集長であり、それまで日本の出版界では商業的に成功しなかったSFを日本に定着させるため、様々な分野で精力的に活動し、「SFの鬼」と呼ばれた。

生涯

樺太庁の吏員を父として、樺太豊原市(現在のロシア・サハリン州ユジノサハリンスク)に生まれる。父の転勤に伴い、1934年(昭和9年)から満洲に住む。1937年(昭和12年)に帰国し、横浜市中区で育つ。

横浜市港北区の日本大学第四中学校(現在の日本大学中学校・高等学校)に学び、1945年(昭和20年)、旧制の日本大学予科文科に入学。原狷介名義で文芸同人誌活動をし、宮田昇と知り合う。1950年(昭和25年)、明治大学文学部仏文科に編入学。1954年に同大学を中退。清水俊二に翻訳を、那須辰造に児童文学の創作を師事した。

1953年ごろ、早川書房に入社するが、1954年、父の違法行為での借金の肩代わりをするために退社して印刷ブローカーに。1955年、宮田昇の紹介で石泉社の『少年少女科学小説選集』の選者・翻訳者を担当。以降、SFに熱中。

1956年(昭和31年)、社長・早川清の招きで早川書房に、再度入社した。翌1957年(昭和32年)、都筑道夫とともに、叢書「ハヤカワ・ファンタジー」(のちに「ハヤカワSFシリーズ」)を立ち上げた。1959年(昭和34年)には、『S-Fマガジン』を創刊、初代編集長を務める。1960年(昭和35年)に誌上で空想科学小説コンテストを開催、1963年(昭和38年)に日本SF作家クラブを創設するなど、草創期の日本SF界での日本のSF作家の育成に尽力した。

1968年(昭和43年)、自ら企画した『世界SF全集』を刊行し始めるも、翌1969年(昭和44年)、『S-Fマガジン』2月号に掲載された「覆面座談会 日本のSF '68〜'69」の内容が騒ぎになったため(覆面座談会事件)、引責退社。8月号が最後の担当となった。

科学と文学とが融合したハイブロウな文学としてのSFを目指し、スペース・オペラなどの作品は排除した(ただし、のちに、読者に人気があることから、渋々、その存在を認めた)。また、『S-Fマガジン』、「ハヤカワSFシリーズ」いずれも、カバー絵は中島靖侃の抽象画であり、「幼稚な文学」とみなされないよう配慮した。また、既成文壇からSFへの批判や、無理解な評論等があると、全身全霊をもって反論活動を行った。

一方、SFの裾野を広げるため、児童文学に先駆的にSFを導入し、自らも『おしいれタイムマシン』『さようならアイスマン』『こんや円盤がやってくる』等を執筆した。また、1966年ごろSF作家仲間や白木茂、亀山龍樹、北川幸比古、中尾明等と、少年文芸作家クラブ」を創設。自ら東宝映画『マタンゴ』『ゴジラ対メカゴジラ』、東映映画『海底大戦争』の原作を手がけている。マンガ原作も手がけ、石ノ森章太郎と共に『少年マガジン』に『勇気くん』を、『少年画報』に『アースマン』を連載した。アシモフ、クラーク、ハインラインなど海外SFの翻訳をはじめ、SF創作やアンソロジーも多数手がけた。

1976年(昭和51年)、47歳にて死去。没後、彼を記念して「少年文芸作家クラブ」(現・「創作集団プロミネンス」)及び岩崎書店の共催で福島正実記念SF童話賞が創設された。

著書

単著

  • SFハイライト 三一新書 1965年
  • SFの夜 早川書房 1966年 のち文庫
  • ロマンチスト 早川書房 1968年 (ハヤカワ・SF・シリーズ)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。