お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

習志野



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

習志野(ならしの)は、千葉県北西部にある地名。下総台地の一画を占め、船橋市、八千代市、習志野市に跨っている。習志野市の市名由来となったが、元々の習志野は二宮町(現在の船橋市東部)に位置し、そこから意味する領域が拡大されていった広域地名である(「習志野」の名前を持つ主な施設も参照)。一般には「習志野」が、習志野市周辺を示す地名であると混同されてしまうことが多い。

由来

1873年(明治6年)4月29日に大和田原(陸上自衛隊習志野演習場近辺から成田街道を挟み、高根台周辺までの地域。現在でいう船橋市域。)で陸軍大将・西郷隆盛の指揮の下に行われた近衛兵の大演習を観閲した明治天皇が「習志野ノ原」への改名を求め、同年5月17日太政官達によって習志野原となった。その事を記念して同地に「明治天皇駐蹕之処の碑」という紀念碑が建てられている。その後、周辺にある軍郷を総称した広い地域が習志野と呼ばれるようになった。

「習志野原」の命名について、大演習での陸軍少将・篠原国幹の目覚しい指揮に感銘した天皇の「篠原に習え」という言葉が元になった(習篠原→習志野原)という説があり、『習志野市史・第1巻』(1995年)や船橋市郷土資料館(所在地:現・船橋市薬円台、旧・二宮町薬園台)などでもこれを「逸話」として紹介している。

現在では、習志野市(旧・津田沼町)という市町村に名称が取り入れられ大地名として残されている。また、同市が成立する折に、二宮町(現在の船橋市東部地域)や幕張町(現在の千葉市西部地域)などの広義の「軍郷・習志野」を大きく取り込んだ大習志野市構想という計画も持ち上がったが、太平洋戦争中に起きた二宮町空襲による国の補償金配分を巡る津田沼町役場と二宮町役場の対立(但し同じ二宮町でも三山村だけは、最後まで津田沼町との合併を望んでいた)などの諸事情により、二宮町は船橋市と合併し、幕張町の大部分は千葉市に編入されてしまい実現しなかった。なお、習志野原(旧・習志野演習場)の起源となった地域が所属していた旧・二宮町が習志野市ではなく船橋市の一部となった結果、「習志野」の地名が船橋市に属することとなった。習志野市には、旧・幕張町(一部は旧・大和田町)に属していた愛宕・安生津から編成された「東習志野」の地名がある。

明治天皇と習志野行幸

「明治天皇紀」及び「明治天皇御遺跡」によると明治天皇は明治6年、明治7年、明治10年、明治11年、明治13年、明治14年、明治33年、明治45年に年に一度、明治8年、明治9年、明治15年各年に2度の計14回習志野原に行幸をしたという公式な記録が残っている。

このうち明治8年の順路は以下のようになっていた(明治天皇御遺跡による)

習志野原(陸軍習志野錬兵場)

江戸時代には、小金牧(馬の放牧場など)の一部で、小金ヶ原(こがねがはら)とか大和田ヶ原(おおわだがはら)などと呼ばれていた。演習場の総面積は、約11,550,000平方メートルで、真っ平らな高台が広がっていたため、一望千里習志野平原(いちぼうせんりならしのへいげん)とも呼ばれた。実際、富士山や筑波山などが地平線によく見えたという。演習場には騎兵連隊や陸軍騎兵学校が隣接し、現在の京成大久保駅周辺や習志野原の入口が近かった薬円台3・4丁目付近は活気があったといわれている。

習志野原が全国に一般によく知られるようになったのは、日露戦争での秋山支隊の活躍によるものだといわれている。なお、全国の連隊では必ず一度は習志野原で演習が実施されていたため、北海道でも老人に習志野という地名を出すと津田沼駅から演習場までの行軍話や野営話などを語る方もいる。

当時の習志野原(陸軍習志野演習場)には入口周辺以外には柵はなく、演習の時以外は一般人も自由に入る事ができ、阪妻映画などの撮影や学校の各種実習(測量演習など)などの行事が年間を通じて民間での利用が可能だったという。また、演習場では、騎兵連隊の軍旗祭や騎兵学校の馬術大会が開かれ、皇族・軍人・学生(※身分や学は特に問われず馬術の技術交流が行われた)をはじめとする馬術倶楽部や乗馬愛好家が集まる乗馬のメッカとしても栄えた(習志野原御猟場も参照)。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。