お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

劇団前進座



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前進座(ぜんしんざ)は、1931年5月22日に創立され、東京都武蔵野市を本拠とする日本の歌舞伎劇団である。法人名称は劇団前進座株式会社で、同市吉祥寺南町三丁目13-2に事務所を置く。同地には本拠劇場「前進座劇場」(収容人員500、1982年 - 2013年)を有していた。吉祥寺南町二丁目4には劇団前進座ビルを保有し、前進座附属養成所を開設している。

特色

創立87年の歌舞伎劇団。(創設時、幹部ではない下級俳優が結成したことから)尾上菊五郎劇団と並び、市井の庶民・江戸っ子をリアルに描く世話物を得意としている。

歌舞伎・時代劇・現代劇・児童劇と多彩なレパートリーで、創設直後から「演劇のデパート」という異名をつけられていた。旗揚げ時から女優陣が多く所属するという異色の編成で、配役の一部を女性が演ずる歌舞伎を出すことも多い。

全国津々浦々を巡回公演しており、日本のはずれでも、地元草の根の観劇団体(演劇鑑賞会・市民劇場など)の招聘に応じて第一線俳優が出向いて大劇場と同じ芝居をする。給与制をとっており、興行収入によって、座員の生活を保障する事が創立以来の理念。

自由民主党石橋湛山、読売新聞務臺光雄のように保守派から、日本共産党やその心情的支持層、文学・芸能関係者ら(松本清張・永六輔・山田洋次、山川静夫など)、あるいは演劇ファンまで、多種多様な層が前進座の贔屓になっている。

前進座を応援し次代を育てる会として、海音寺潮五郎・大佛次郎・井上靖・松本清張・水上勉ら五人の作家が発起人として1968年矢の会を創立、現在に続く。今は無いが「絶対修業」「翫右衛門のむち」という制度があり、出来が悪いと容赦なく鞭が飛んでいた。

創立メンバーの、四代目河原崎長十郎・三代目中村翫右衛門・五代目河原崎国太郎・五代目嵐芳三郎・六代目瀬川菊之丞・藤川八蔵(藤川武左衛門)・坂東調右衛門ら、7人の劇団の代表的な俳優をさして七人の侍と呼んだ。創立メンバーは松竹と袂を分かった者たちであるが、1933年から現在まで松竹と業務提携関係にあり、毎年1月に南座で共同興行を行っている。

国立劇場は当初、前進座と武智鉄二の公演は拒否してきたが、『さんしょう太夫』は劇界および児童演劇分野の代表的な4賞を重ね、1977年7月国立小劇場で芸術祭賞受賞記念公演を行った。以後、毎年5月に国立大劇場にて公演を行っている。

施設と組織

現在のもの

  • 前進座機関誌『月刊前進座』
  • 前進座友の会(愛称『パル』)
  • 俳優養成機関「前進座付属養成所」
  • 前進座東京営業所(主に都内公演を担当)
  • 前進座名古屋営業所(主に名古屋近郊公演を担当)
  • 前進座京都営業所(主に南座公演、京都近郊公演を担当)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。