お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

横山だいすけ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

横山 だいすけ(よこやま だいすけ、1983年5月29日 - )は、日本の歌手、俳優。本名、横山 大介(読み同じ)。NHKの番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん。千葉県千葉市緑区おゆみ野出身。身長171cm、血液型O型。

人物・来歴

  • 3人兄弟の長男で、妹と弟がいる。2002年、国立音楽大学音楽学部声楽学科に入学。2006年、卒業。同年、劇団四季に入団。舞台『ライオンキング』ではレイヨウ役などを演じた。
  • 2008年3月31日から2017年4月1日まで、NHK教育テレビの番組『おかあさんといっしょ』の第11代目「うたのおにいさん」を務めた。うたのおにいさんとしての在任期間は9年で、うたのおにいさんの中で歴代最長となった。共演のうたのおねえさんは就任時から2016年4月2日までの8年間は第20代目の三谷たくみ、2016年4月4日から2017年4月1日までの1年間は第21代目の小野あつこ。共演のたいそうのおにいさんは第11代目の小林よしひさ、身体表現のおねえさんは最初の4年間(2012年3月31日まで)は第4代目のいとうまゆ、その後の5年間(2012年4月2日から2017年4月1日まで)は第5代目の上原りさ。出演6年目の2013年からは、「かぞえてんぐ」のコーナーも担当した。
  • 高校生の頃から「うたのおにいさん」になることに憧れ、自室の壁には「うたのおにいさんになるには、どうしたらいいか」について書かれた記事を貼り、日夜努力を重ねていた。劇団四季に入団したのも、当時のうたのおにいさんだった今井ゆうぞうが、かつて劇団四季に所属していたことを聞いた為。また、それらの記事をオーディションにも持っていったと本人は語っている。採用された際には、努力の過程を知る家族から大いに喜ばれた。横山自身はうたのおにいさんのオーディションを受けるために、定期的にNHKにオーディション開催予定の有無を問い合わせていた。自身がオーディションを受ける事となる2007年だけ問い合わせできておらず、人づてにオーディションの募集があったという事を聞いてNHKに電話したところ、偶然にも1次オーディションの追加募集が決まったタイミングであった事を教えられてエントリーする事ができたというエピソードがある。
  • 2017年2月17日に、同年3月をもって卒業する事が発表された。
  • 2017年3月30日放送分の番組終盤で、自身の卒業の挨拶の後に、後任の花田ゆういちろうを紹介した。その後、花田含む出演者全員で「にじのむこうに」を歌って、自身のスタジオでの出演は終了した。
  • 2017年4月1日の島根県益田市でのファミリーコンサートの放送をもって、番組を卒業した。
  • 番組卒業から1週間後の2017年4月8日に、自身のオフィシャルサイトを公開し、翌9日には直筆メッセージで改めて番組卒業と新たなスタートを切った事を報告した。また、同月29日にはアメーバブログでオフィシャルブログを開始。開始前にページのみが開設された時点から読者登録が増え続けた結果、開始からおよそ10日ほどで読者登録が10万人を超え、改めてうたのおにいさん時代からの人気が裏付けられる結果となった。読者登録者はなおも増加し、2017年11月現在では17万人以上の読者が存在。アメーバブログの芸能人・有名人ランキング俳優部門でも開設直後の2017年5月から2018年3月までと2018年5月に月間1位を獲得している。
  • 『おかあさんといっしょ』卒業後は、ミュージカル『魔女の宅急便』に主人公キキの父親であるオキノ役で出演し、劇団四季時代以来10年ぶりのミュージカル出演を果たしたのを皮切りに俳優としての活動を開始。更に、うたのおにいさん時代の経験を活かした子供向けイベントツアー『だいすけお兄さんの世界(名)迷作劇場』を立ち上げ、全国各地を回り、子供達と触れ合う一方、タレントとしてバラエティ番組へのゲスト出演や、歌手としては『さよならだよ、ミスター』で自身初の映画主題歌に起用されるなど多方面で活躍している。
  • 2019年8月13日放送の『おかあさんといっしょ 60周年スペシャル』に、かしわ哲・林アキラ・今井ゆうぞうと共にゲスト出演。
  • 2019年11月6日、一般女性と結婚したことをブログで発表した。

かぞえてんぐ

2013年4月3日に初登場。長い付け鼻と専用の衣裳を着用して演じる。『ポコポッテイト』のミーニャ(声・加藤英美里)や『ガラピコぷ〜』のチョロミー(声・吉田仁美)と共に、水曜日に放送されている同名の日替わりコーナーを担当していた。
「てんにちは」の挨拶で登場し、ミーニャが持ってきた物の個数を数える。数え終えると鼻の先から、数えたものにちなんだ小さいアイテムが飛び出す。「ナ〜ッハッハ!」と笑う。
数えることが大好きで、それ以外の事柄には全く興味がない。そのためミーニャの名前も覚えられず、長らく「猫ちゃん」と呼んでいた。しかし、「ポコポッテイト」の放送終了に伴いミーニャの最後の出演となった2016年3月30日放送分で初めて彼女の名前を呼び、「いつも一緒に数えてくれてありがとう」と礼を言って花束を贈った。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
NEWS

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,000円(1階席・2階席正面)
A席:8,000円(2階席左右)
B席:6,000円(3階席)
(全席指定・税込)
2020年4月13日 (月) 〜
2020年5月11日 (月)
明治座
2020/2/16(日) 10:00より発売!