お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

加藤茶



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

加藤 茶(かとう ちゃ、1943年3月1日 - )は、日本のコメディアン、歌手、お笑いタレント、ドラマー、司会者。ザ・ドリフターズ、こぶ茶バンドのメンバーである。本名は加藤 英文(かとう ひでゆき)。身長163cm、体重60kg。血液型はA型(長年AB型としていたが間違いが判明)。愛称は「加ト茶」「加トちゃん」「カトちゃん」「ヒデ坊」「チャー坊」など。父はギタリストの平八郎(たいら はちろう)。

来歴

ドリフターズ加入まで

1943年、東京府東京市世田谷区(現:東京都世田谷区)生まれ。5歳の夏の1カ月間だけ、母親の実家・愛媛県新居浜市に住む。父親が癌を患ったため、母親、妹と共に父親の郷里・福島県福島市に転居し、高校卒業まで福島で育った。実父の平八郎(1915年〜1955年)もギタリストである。学校法人松韻学園福島高等学校卒業後、1961年叔母を頼って上京。

トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイをやるが、ある日手当ての100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられ、頭に来てマネージャーと喧嘩してクビになる。その後、先輩から捨てておいてと頼まれたドラムスティックを使い練習、ドラマーとしてクレージーウエストにメンバー入りし、仲本コージ(現・仲本工事)と出会う。

1962年、碇矢長一(後のいかりや長介)と同時期に、「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入りした。

ドリフターズ加入後

1964年には、ドリフターズの初レギュラー番組『ホイホイミュージックスクール』にて、「加トちゃんぺ」のギャグが受け、一躍人気者になる。これは、付け髭の糊が剥がれやすかったために、度々2本指で押さえていたものがギャグとして通用したと本人が語っている。

1964年、ドリフターズ内部で発生したクーデター(詳細はドンキーカルテットとの分裂を参照)の際、いかりやと共にドリフターズに残り、新生ドリフターズを立ち上げる。新生ドリフターズ結成直後、当時所属していた渡辺プロダクションの先輩・ハナ肇に「芸事で飯を食っていこうとするのなら、水に係わりのある芸名にした方がいい。お前は、みんなから「加トちゃん」って呼ばれてるんだから、加藤茶にしなさい」と言われ、加藤茶になった。

1969年より『8時だョ!全員集合』(以下『全員集合』)にて、さまざまな一発芸をヒットさせ、1970年代前半には小学生の間でカリスマ的存在になる。この時代のトレードマークは禿げヅラに丸メガネにちょびヒゲであり、現在タレントショップ(かつて原宿・竹下通りに自身のショップを持っていたこともあった)などで売られている彼のキャラクターグッズも、それらを装着した姿をモチーフにしたものが多い。

社会や人間関係の縮図をディフォルメした初期のコントや映画に於いては、お笑い(いつも損をする役、イジメられ役、道化)の中心で、ドリフターズ・メンバーの中で最も持ちネタやギャグが多かった。特に1972年から1973年までの間『全員集合』で毎週たった一度だけ「タブー」の曲に合わせて踊る「ちょっとだけよ」は大ブレイクした。

同じ時期に、「1、2、3、4、やったぜ加トちゃん! ぐるりと回ってウンコチンチン!」も大人気となった。

この頃、付き人兼居候として志村けん、運転手としてすわしんじ(現・すわ親治)がいた。

新生ドリフターズは、『全員集合』終了までソロ活動を行わせなかったといかりやは語っているが、加藤のみクレージーキャッツの植木等と映画で共演していた。

志村の人気がブレイクした後は一手にギャグを受け持つ存在から、志村とのコンビで笑いを生み出す存在へと立ち位置を変化させた。このことが、『全員集合』の後番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』『KATO&KENテレビバスターズ』へつながっていく。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!S席12,000円 → 【指定席引換券】10,300円さらに600Pゲット!(12/13 19時35分更新)
2018年12月28日 (金) 〜
2018年12月31日 (月)
明治座

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席(1・2階席):11,000円
(全席指定・税込)
2019年3月9日 (土) 〜
2019年3月18日 (月)
明治座