お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード3周年

誠直也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

誠 直也(まこと なおや、1948年6月25日 - )は、日本の俳優。本名、古川 誠剛ふるかわ せいごう。佐賀県佐賀市出身。法政大学文学部哲学科卒業。アイティ企画とアイコンティネンス(専任業務提携)に所属。妻は女優の早川絵美。

来歴

学生時代はラグビーに熱中し、福岡電波高等学校在学中の1968年には主将・CTBとして全国高校ラグビーに出場し、初優勝した。大学を卒業後、不動産会社に就職が決まったものの入社せず、知人の勧めで俳優の道へ進む。

1971年、映画『現代やくざ 血桜三兄弟』(東映)で役者デビュー。『不良番長』シリーズなどを経て、1973年には円谷プロ制作の特撮テレビドラマ『ファイヤーマン』(日本テレビ)のオーディションに合格し主人公・岬大介を演じる。その後は『仁義なき戦い』シリーズや『少林寺拳法』など、東映の劇場映画を中心に活動。1975年『秘密戦隊ゴレンジャー』(NET)の主演に抜擢され再びヒーロー役を務めた。

1977年より放映開始した『特捜最前線』(テレビ朝日)の吉野刑事役に選ばれ、1985年まで8年半レギュラー出演した。第68話「誘拐・東京〜函館縦断捜査!」では走行するトラックの運転席から飛び降りて、並行して走る貨物列車の無蓋車に飛び乗るスタントを吹き替えせずに自ら演じている。

2003年には『実録ヒットマン 北海の虎・望郷』にて長編映画では初の主演を務め、さらに『爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!』への出演で約27年ぶりに特撮への復帰を果たした。また2011年には『ゴレンジャー』のアカレンジャー/海城剛役としてスーパー戦隊シリーズ35周年となる『海賊戦隊ゴーカイジャー』に客演した。

テレビの時代劇、大河ドラマにも頻繁に出演しているほか、多数のオリジナルビデオ作品でも活躍している。

人物・エピソード

  • 趣味は、ゴルフ、釣り、絵画。特技は、ラグビー、ダイビング、柔道、剣道。
  • 東映で「ケンカ最強説」がある。と言うのも学生時代はストリートファイトに明け暮れた時期があったらしく、度々警察のお世話になったと言う。この時の警察で尋問された経験を『特捜最前線』で活かしたと語っている。
  • 後年のインタビューで、お世話になった人物として岸田森と石ノ森章太郎の名前を挙げている。
    • 『ファイヤーマン』ではアフレコであるにも拘わらず、当時九州訛りが酷かった為、撮影の段階から岸田のチェックが入り、よく芝居を止められたという。当時は辛かったが、本当に勉強になり感謝していると述べている。
    • 石ノ森からは「アカレンジャーはお前で良かったよ」と言われ、喜びを感じたという。
  • 『仁義なき戦い』シリーズでは、深作欣二に「九州の山猿」と呼ばれ現場でしごかれた。激しい現場できつかった一方で先輩の演技を盗もうとするなど、役者が面白くなってきた頃だったと回想している。
  • 『少林寺拳法』の友田弘役は、当初はモデル出身の白石襄が務める予定だったが、クランクイン直前で白石が降板したため誠が演じることになった。作品を左右する重要な役回りで、誠にとって一生役者をやってみようと思わせた作品だったという。
  • 妻の早川絵美とは『特捜最前線』での共演が縁で結婚。ただし、早川の方は誠が『ゴレンジャー』を撮影している東映生田撮影所で同時期に『ザ・カゲスター』に出演しており以前より存在を認識していた。
  • ゴレンジャーと同日放送開始の『仮面ライダーストロンガー』主演であり、「特捜最前線」で共演した荒木しげるとは公私ともに親しく、荒木が入院し言葉も話せないほど衰弱した時期にも見舞いをしており「俺だ、わかるか?」と問いかけ、荒木はうなずいたと言う。葬儀においても親族同様にとても悲しんだ。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。