お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小林至



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小林 至(こばやし いたる、1968年1月30日 - )は、日本のスポーツ経営学者(スポーツ科学博士、経営管理修士)。元プロ野球選手(投手)。江戸川大学教授、立命館大学客員教授、桜美林大学総合研究機構客員教授、テンプル大学客員教授、サイバー大学客員教授。

一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)理事、スポーツ庁スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会幹事、株式会社白寿生科学研究所顧問、一般社団法人東京ヴェルディクラブExecutive Manager

来歴

プロ入り前

神奈川県逗子市出身(出生地は東京都渋谷区)。血液型A型。

神奈川県立多摩高等学校を卒業後、一浪して東京大学に入学。経済学部経営学科に在籍。東京大学野球部では2年春に六大学デビューするが、チームは通算200勝を目前にして六大学新記録となる70連敗を経験。六大学通算0勝12敗。

当時のロッテ・オリオンズ監督金田正一から入団テストを受ける機会を与えられ合格。東大を留年していたため卒業するまでの一年間は練習生として在籍し、1992年ドラフト8位指名で千葉ロッテマリーンズに入団。新治伸治、井手峻に次ぐ3人目の東大出身のプロ野球選手となった。背番号は63

プロ入り後

プロ2年間で1軍登板はなく(2018年現在で東大出身のプロ野球選手6人のうち小林だけ1軍経験がない)、2軍で26試合に登板し、0勝2敗0S、防御率6.17。1993年、ロッテを自由契約になり退団し引退。

引退後

1996年、コロンビア大学経営大学院を修了しMBAを取得。

1996年、フロリダ州のケーブルテレビ局「ザ・ゴルフ・チャンネル」で通訳・翻訳・解説などに従事。

2000年、村上龍が編集長を務めるJapan Mail Mediaで、コラム「日本人に生まれてよかった」に於いて、会社の人種差別体質を公に批判したため、解雇された。2000年末に日本に帰国し、2001年から7年間の対米経験を元に日米関係などの評論活動をしつつ、スポーツビジネスをテーマに研究を行う。

2001年、自由連合党首・徳田虎雄から誘いを受け、第19回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から立候補するが落選。

2002年から江戸川大学社会学部経営社会学科助教授に就任。2006年に同教授に昇格。

2007年、プロ野球の地上波中継の減少・衛星放送移行については「視聴方法の多様化」を原因に挙げ、「地上放送はプロ野球中継に適さない面があり、今後も更に移行は進む」と分析。 


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。