お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

前田大輔



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前田 大輔(まえだ だいすけ、1979年9月14日 - )は、日本の香川県高松市出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、コーチ。

経歴

プロ入り前

駒澤大学4年時に第32回明治神宮野球大会優勝を果たし、秋季東都大学リーグベストナインにも選出される。リーグ通算64試合出場、167打数32安打、打率.192、1本塁打、19打点。神戸製鋼では2002年の第29回社会人野球日本選手権大会に出場。チームが休部のため、入社1年目で同年のプロ野球ドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから4巡目指名を受け入団。

プロ入り後

2003年は新人ながら一軍で活躍し、まずまずの打率を残して正捕手の日高剛を脅かす存在となる。翌2004年は自己最多の51試合に出場した。選手分配ドラフトを経て合併球団のオリックス・バファローズと契約。

2007年に監督のテリー・コリンズに指名され開幕スタメン出場を果たした。日高に次ぐ2番手捕手の座を獲得し、得点圏では31打数13安打3本塁打、打率.419の勝負強さを見せた。2008年より背番号を大学時代から愛着のある「22」に変更した。金子千尋が先発時はバッテリーを組んで5連勝、特に7月は4戦4勝で金子の月間MVPに貢献した。

2010年4月23日の西武戦では、涌井秀章からプロ入り初となる満塁ホームランを放ち、守っては金子千尋を完封勝利に導く好リードで共にお立ち台に上がる活躍を見せた。また、この他に8月28日の日本ハム戦では、ダルビッシュ有相手に中山慎也をリードして7回無失点に抑え、自身もダルビッシュから適時打を放ち、中山の2年ぶりの勝利に貢献した。

2011年は12試合の出場に終わり打撃も1安打と振るわなかった。その後11月21日に現役引退を発表し、球団職員に転身した。

現役引退後

2015年からオリックスの一軍バッテリーコーチを務め、4年ぶりの現場復帰となったが、5月26日の試合から二軍バッテリーコーチに移動となった。2017年10月2日に来年度の契約更新を行わない旨を通告された。

詳細情報

年度別打撃成績

年度別守備成績

記録


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。