お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット購入で、ワクチン募金。200万本突破

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(英: Israel Philharmonic Orchestra、略称:IPO、ヘブライ語:??????? ??????????? ????????, ラテン文字転写:ha-Tizmoret ha-Filharmonit ha-Yisre'elit)は、イスラエルの主要なオーケストラで、世界有数のオーケストラの一つである。

概略

ヴァイオリンの巨匠ブロニスワフ・フーベルマンが発足人となり、ヨーロッパ各地で政治的理由で解雇されたユダヤ人音楽家が結集して、イギリス委任統治領パレスチナ時代の1936年に創設されたパレスチナ管弦楽団(英: Palestine Orchestra)が前身である。お披露目の演奏会は、同年12月26日にテル=アヴィヴにおいて、アルトゥーロ・トスカニーニの指揮によって行われた。イスラエルが建国された1948年に現名称になった。

頻繁な演奏旅行や録音の機会に恵まれ、しばしば首席指揮者に世界的な指揮者を迎えてきた。現在ではズービン・メータが1968年から終身音楽監督を務めている。また、ユダヤ系指揮者や演奏家とのゆかりも深く、中でもレナード・バーンスタインとは1947年から密接な関係を結んでいた。

主なレパートリーは、ベートーヴェン、モーツァルト、メンデルスゾーン、ブラームス、チャイコフスキー、マーラーである。シェーンベルクのロマン派時代の作品もレパートリーに入っている。ユダヤ人演奏家に弦楽器奏者が多いことから、J.S.バッハ以降のヴァイオリン協奏曲もレパートリーに入っている。

一方、ワーグナーはその反ユダヤ主義的言質やナチス・ドイツの文化的象徴ゆえに、事実上タブー視されている。1981年にメータがイスラエル・フィル演奏会のアンコールで『トリスタンとイゾルデ』の前奏曲を演奏したが、一部の団員は演奏を拒否し、観客の間に殴り合いが発生する事態となった。メータは数日後にやはりアンコールでワーグナーを取り上げたが、観客の激しい抗議を受け、数小節で演奏を中止している。イスラエルにおけるワーグナーへの抵抗は根強く、2001年にエルサレムでダニエル・バレンボイムがベルリン国立歌劇場管弦楽団とワーグナーを演奏した際も、抗議して会場を出て行く聴衆が見受けられた(詳細はバレンボイムの項を参照)。

リヒャルト・シュトラウスもドイツ第三帝国の御用文化人であったとして、ワーグナー同様の扱いを受けていた。シュトラウスは1990年代初頭から演奏されるようになり、メータ指揮による録音も存在する。

ブルックナーは、ヒトラーの熱愛した作曲家だったものの、メータの指揮によって録音が行われている。

主要な指揮者

  • 1936年-1938年 音楽顧問:ウィリアム・スタインバーグ
  • 1947年-1990年 桂冠指揮者:レナード・バーンスタイン
  • 1949年-1951年 音楽監督:ポール・パレー
  • 1957年-1959年 音楽監督:ジャン・マルティノン
  • 1968年-1977年 音楽顧問、1977年- 音楽監督:ズービン・メータ(1981年から終身音楽監督、2019年で退任予定)

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。