お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケッツトゥデイ3周年

KAITO



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

KAITO(かいと)とはクリプトン・フューチャー・メディアが販売している音楽製作用のボーカル音源である。ヤマハの開発した音声合成エンジン「VOCALOID(ボーカロイド)」を採用しており、音階と歌詞を入力することで音声ライブラリに収録された音声からボーカルパートやバックコーラスを合成することができる。

製品

KAITOの最初の製品は、2006年2月17日に発売され、2013年2月15日に「KAITO V3」が発売されている。

初代のKAITOは、MEIKOに続く日本語VOCALOID採用ソフトの第2弾、日本語版では初の男性ボーカルとして発売された。ライブラリにはスタジオ・ミュージシャンの風雅なおとの声をサンプリングし収録している。適する音楽ジャンルなどは特に明示されておらずポップス、ロック、ジャズ、R&B、童謡まで幅広く歌いこなすとされている。また、MEIKOとのデュエットも想定されている。

KAITOの名前はモデルとなった歌手の名前を採用するのではなく、片仮名10文字以内、採用者から抽選で10名に「ボーカロイド日本語男性版」をプレゼントという応募条件で一般公募され、外国人でも発音しやすいことと「MEIKO」と並んだ時の絵面がいいという理由から選ばれた。

2013年2月に、VOCALOIDの上位バージョンであるVOCALOID3対応のライブラリを収録した「KAITO V3」が発売された。ライブラリは日本語用の「STRAIGHT(ストレート)」「SOFT(ソフト)」「WHISPER(ウィスパー)」と、英語用の「ENGLISH(イングリッシュ)」の計4つが収録され、独自ボーカルエディタやPreSouns社のDAW・PreSonus Studio Oneも同梱された。

パッケージイラスト

マフラーを巻いた若い男性の姿が描かれている。MEIKOと同じく、絵柄はアニメ風である。これはMEIKOがキャラクターイラストの採用で成功したことを踏まえたもので、歌声を作成する製品である事をアピールするためである。

パッケージイラストについてはキャラクター化を意図したものではなかったが、2009年6月に発表された同社製品のキャラクターの利用についての規約「ピアプロ・キャラクター・ライセンス」においてはKAITOもキャラクターとして扱われるようになっている。キャラクターの利用についてはピアプロ#キャラクターのライセンスを参照。なおKAITO含め後発の初音ミクや鏡音リン、巡音ルカ同様ヘッドセットマイクを装備している。

反響

KAITOに対しては当初よりMEIKOほどは売れないだろうと考えられていたがその予想をも下回り発売当時はMEIKOの3000本に対し500本しか売れず、MEIKOの実績と比べれば完全な失敗に終わったとされた。これはDTMユーザーの多くが男性であり男性の歌声に対する需要が少なかったためとされ、クリプトン・フューチャー・メディア側は後に「男じゃダメなんだと思った」と語っている。このことからKAITOに続く同社製のVOCALOID製品、キャラクター・ボーカル・シリーズでは女声中心の商品構成となっている。

しかし2007年8月、KAITOと同じクリプトン・フューチャー・メディアからVOCALOIDの後継であるVOCALOID2を使用したキャラクター・ボーカル・シリーズの第1弾初音ミクが発売され初音ミクを使用した動画が次々と動画投稿サイトニコニコ動画へ投稿されて人気を集めるようになるとKAITOを使用した動画も投稿されるようになり、貴重な男声VOCALOIDだったこともあって露出が急増する。これによりKAITOの人気も高まって、2007年末以降は大きく売り上げを伸ばしている。

初音ミクをはじめとするキャラクター・ボーカル・シリーズはキャラクターが歌うというイメージを前面に押し出した商品である。初音ミクのキャラクターとしての人気が高まるにつれ元々キャラクター商品ではなかったKAITOをもまた「初音ミクの関連キャラクター」として受容されるようになり、キャラクターとしての人気を広げた。また、ニコニコ動画に投稿された「【初音ミクへの回答】にイラスト付けてみた」という動画で描かれたKAITOのアイスを食べる姿をきっかけとしてファンの間でアイスがKAITOのキャラクターアイテムと認識されるようになっている。KAITOとアイスの組み合わせはファンによる創作物だけでなく、2008年に発売されたKAITOのフィギュアにも取り入れられている。

また、KAITOを用いて作成されニコニコ動画で人気となったオリジナル楽曲をKAITOのモデルとなった風雅なおと本人がカバーしたCDとして2008年12月28日に「卑怯戦隊うろたんだー」が、2009年7月1日には「千年の独奏歌」が発売されている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。