お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

竹原ピストル



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

竹原 ピストル(たけはら ピストル、1976年〈昭和51年〉12月27日 - )は、日本のフォークシンガー、ギタリスト、俳優である。本名、竹原 和生(たけはら かずお) の名で活動することもある。千葉県千葉市出身。道都大学紋別キャンパス卒業。オフィスオーガスタ所属。血液型A型。

元野狐禅のメンバーであり、解散後はソロとして活動。俳優としては熊切和嘉監督作品を中心に映画に出演している。

略歴・人物

千葉市立蘇我中学校卒業。拓殖大学紅陵高等学校在学中はボクシング部に所属し副部長を務める。

道都大学紋別キャンパス在学中もボクシング部に所属。

1999年、大学在籍時に知り合ったハマノヒロチカと共にフォークバンド野狐禅を結成、後にオフィスオーガスタに所属し、2003年にメジャーデビューした。

2006年の映画『青春☆金属バット』に主演し、俳優としても活動を開始。同映画のテーマソングも野狐禅として担当した。

2009年5月9日、野狐禅の解散を発表、インディーズのソロミュージシャンとして活動を始めた。

2011年、松本人志監督作品『さや侍』に竹原和生名義で出演、主題歌「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」も担当した。この映画公開に際して開催されたティーチインにおいて、松本は竹原を評して、同映画において重要な役として起用したことや、「才能がある人が認められていないと……」「僕が何もしなくても彼は日の目を見ると思いますけど、ちょっとでも手助けできたら」などと語り、その才能を高く評価した。

2014年、野狐禅時代に所属していたオフィスオーガスタへ再所属する。

2016年、映画『永い言い訳』に出演し、第90回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

2017年11月16日、第68回NHK紅白歌合戦に初出場することが発表され、12月31日に白組で出場(対戦者:AI×渡辺直美)し、「よー、そこの若いの」を歌唱した。

既婚者、1男あり。

本人によれば、気持ち悪いほど几帳面な性格で、マイクが1センチでもズレているとずっと気になってしまうという。

ディスコグラフィ

野狐禅


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。