CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 中川晴樹

中川晴樹

中川晴樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中川 晴樹(なかがわ はるき、1977年7月3日 - )は、日本の劇団員、俳優、映画監督、ラジオパーソナリティである。京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」に所属。身長165cm(自称166cm)、体重52kg。愛煙家。

経歴

愛知県名古屋市中川区出身、東京都中野区在住。兄がいる。趣味は読書、映画鑑賞、ラジオ、ウォーキング。特技はげっぷを出し続けること、水泳、楽器の演奏。高所恐怖症。中学生の時に麻雀を覚える。享栄高等学校2年生の時、阪神・淡路大震災が発生した際には、同級生や県内の他校にも呼びかけを行いボランティアへの参加や募金活動を行った。当時はボランティア環境も整っていない時代であった。卒業後は家業を手伝うか、フリーターになる予定であった。立命館大学入学後、学生劇団を経て、ヨーロッパ企画に加入。外部の舞台や、ドラマ・映画への出演も多い。最近では、ダンス公演、ドラマ、CMへの出演も増えている。

演劇との関わり

演劇との出会い

高校生の時に先輩に借りた東京サンシャインボーイズ『ショウ・マスト・ゴー・オン』の映像で最初に演劇を面白いと感じる。但し、当時は役者になろうと思うほどではなかった。

学生劇団

立命館大学政策科学部入学後はコンパ、合コン、ナンパ、執筆活動、音楽に明け暮れていた。その後、掲示板で見た役者募集のチラシから大学非公認サークルである劇団そぉHATSに参加、初舞台を踏み演劇にのめり込んでいく。4回生の卒業後にはすぐに座長となる。同劇団解散後、劇団立命芸術劇場の舞台にも外部メンバーとして参加。その後、学部の友人とパンクバンド「劇団与党」を結成、学園祭に出場しステージを破壊する姿をのちにヨーロッパ企画の仲間となる本多力が目撃している。大学卒業前には津野充らとともに立命芸術劇場内に劇団「柳川」を結成し、その第1回公演を上田誠が観劇。

ヨーロッパ企画加入後

ヨーロッパ企画の舞台としては、第3回公演「戦う」を初観劇。2000年、玉田晋平の推薦により第5回公演「苦悩のピラミッダー」に日替わりゲストとしてヨーロッパ企画に参加。第6回公演「衛星都市へのサウダージ」以降、ほぼ全本公演に出演。ほぼ同時期に「柳川」を退団。大学には6年在籍したため、「柳川」の主要メンバーが4年生で卒業・就職した際、稽古時間の都合が合わなくなったことが退団の決め手となった。ヨーロッパ企画の母体である同志社小劇場には参加していない。仲間想いで、自身に関係なくても劇団メンバーやスタッフが関係する出演情報等をこまめにtwitter上でリツイートし、宣伝している。

人物

髭をたくわえることを好み、アウトレイジに出ていそうな強面であり、強面とキュートが共存している。舞台上や映像中では強気な役を演じることも多く、自前の演技用のドスを持っている。一方、実際には小柄な体型であり、また劇団内唯一の名古屋出身者であることから、関西出身者が中心である劇団メンバーからは、最年少の藤谷理子も含め年齢に関係なくいじられ役に回ることがほとんどであり、本人もそのことを非常に喜んでいる。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。