CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 三遊亭金八

三遊亭金八

三遊亭金八



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三遊亭 金八(さんゆうてい きんぱち)は、落語家の名跡。

  • 扇遊亭金八 - 後?林家彦六
  • 三遊亭金八 - 本項にて記述

三遊亭 金八(さんゆうてい きんぱち、1970年10月5日 - )は落語協会所属の噺家。本名?木村 吉伸

来歴

北海道に生まれる。父親は歯舞群島志発島・相泊(北方領土)出身。そのため、金八は元島民二世である。

1989年3月、 北海道根室高等学校を卒業する。

1990年4月、四代目三遊亭金馬に入門、三遊亭金八として内弟子の前座修行をした。5月に上野鈴本演芸場で初高座。

1993年11月、鈴々舎鈴之助、林家いっ平と共に二ツ目に昇進。

2002年3月 古今亭菊生、林家彦いち、入船亭扇辰、鈴々舎鈴之助と共に真打に昇進。

芸歴

  • 1990年
    • 4月?四代目三遊亭金馬に入門。
    • 5月?前座となる、楽屋入り。
  • 1993年11月?二ツ目昇進。
  • 2002年3月?真打昇進。

人物

北海道根室市出身。腹話術を披露する時は「ター坊」を相方とし、「ぱちこく堂」を名乗る。

浅草演芸ホール8月中席で毎年行われる住吉踊り連に所属している。

昭和45年生まれの四人・林家きく姫、三代目古今亭圓菊、二代目林家三平と共に「笑いの45口径」という落語会をやっていた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。