お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

ステファン・ランビエル



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ステファン・ランビエール(フランス語: St?phane Lambiel、1985年4月2日 - )は、スイスのフィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年トリノオリンピック銀メダリスト。2005年・2006年世界選手権優勝、2010年バンクーバーオリンピック4位。

人物

スイスのマルティニに生まれ、サクソンで幼少期を過ごす。みんなが顔見知りの小さな村から、いつも50人ほどのカウベルを持った応援団がランビエールの試合に駆けつけていたという。

家族はアルプス生まれの父、ポルトガル出身の母、3歳上の姉、4歳下の弟。フランス語、ドイツ語(スイスドイツ語ではない)、英語、ポルトガル語を流暢に話し、さらに現在はイタリア語と日本語を学んでいる。2004年に聖モーリスカレッジで生物学と化学のマチュリテ(大学入学資格−高等教育修了証)を得ているが、フィギュアスケートに専念するため大学進学は見送っている。ジュネーヴとローザンヌを練習拠点とし、夏にスイスのリンクが閉まっている間はドイツで練習していた。

スピンと芸術面での評価が高い選手であった。とりわけスピンはメディアからたびたび「世界一」と評され、彼の代名詞として用いられた。男子シングル史上初めて演技構成点で9点台をマークした選手である(バンクーバー五輪のショートプログラム)。

ジャンプでは4回転トウループやスリーターンから入る3回転ループジャンプを得意としていた。演技後半にも4回転を跳び、また、4回転からの3連続コンビネーションにも幾度か成功している。一方、3回転アクセルを大の苦手としていた。

経歴

ジュニア

7歳の時、先にスケートをしていた3歳年上の姉と一緒にリンクへ連れて行かれ、芸術性に魅せられてスケートを始める。その数年後、コーチのペーター・グリュッターと振付師のサロメ・ブルナーに出会う。11歳でスイスノービスチャンピオンとなり、ローザンヌで開催された1997年世界選手権のエキシビションに出演した。1997-1998シーズンからジュニアクラスに上がり、スイス選手権ジュニアクラスを2連覇。2種類の3回転-3回転コンビネーションジャンプとスピンに力をいれ、2001年世界ジュニア選手権では5位に入賞した。

シニア

2000-2001シーズンからはシニアクラスに参戦し、スイス選手権初優勝(以降、2008年大会まで8連覇)。翌2001-2002シーズン、欧州選手権での4位入賞を評価され、ソルトレイクシティオリンピックと世界選手権への出場権を獲得する。だが2002年のソルトレイクシティ五輪では総合15位、続く世界選手権も18位に終わった。

2002-2003シーズンからプログラムに4回転ジャンプと3回転アクセルを積極的に取り入れるようになる。2003-2004シーズンには膝の手術のため2ヶ月の休養に入るが、復帰後に方向性を見失ってスランプに陥る。この時にコーチをセドリック・モノドに変えたがうまくいかず、グルッターとブルナーのもとに戻った。世界選手権ではフリースケーティングに2度の4回転を取り入れて4位入賞を果たす。翌世界選手権では、予選からフリーまで大会を通じて5度の4回転ジャンプを成功させ、スイスの男子シングル選手として58年ぶりの世界チャンピオンになった。

2005-2006シーズン、グランプリファイナル初優勝、欧州選手権2位と活躍を見せた。2006年のトリノオリンピック直前には膝を怪我していたが、そのトリノ五輪男子シングル本番では、ショートプログラムで3位発進。フリーでは4回転トウループ−3回転トウループ−2回転ループのジャンプを成功させるも、細かなミスも有って4位だったが、総合で2位入賞を果たし銀メダルを獲得(金メダル獲得はロシアのエフゲニー・プルシェンコ)。五輪で2位の表彰台に登ったランビエールは感極まって男泣きしていた。続く世界選手権ではスイス選手では初めてとなる2連覇を達成した。

2006-2007シーズンは、オリンピックでの銀メダル獲得や世界選手権を2連覇したことから競技に対する情熱を失ってしまい、アイスショー「アート・オン・アイス」に出場するなど、将来への模索があったという。グランプリシリーズスケートカナダではショートプログラム7位から逆転優勝したが、NHK杯はウイルス性の風邪で棄権。スイス選手権7連覇を果たしたが、1月に入ってから「内なる炎がなくなった」として欧州選手権を棄権した。その後、ショーで観客の声援を受けたことで世界選手権を決意し、銅メダルを獲得。2007年以降も競技会続行する意志を表明した。この試合で競技用プログラムとして初披露されたアントニオ・ナハーロ振り付けのフリープログラムの「ポエタ」は代表作となり、その後エキシビションやアイスショーで何度も滑っている。

2007-2008シーズン、グランプリシリーズ中国杯、ロシア杯では、技術的にはやや精彩を欠きながらも演技構成点では高評価を得て表彰台には上がり続け、グランプリファイナルではショートプログラム2位から逆転優勝、欧州選手権も2位となったが、世界選手権では精彩を欠き5位、3シーズンぶりの台落ちとなった。練習環境の改善を求めて、長年師事してきたピーター・グルッターを離れ、アメリカニュージャージー州ウェインでヴィクトール・ペトレンコの指導を受け始める。しかし、2008年世界選手権中に痛めた左足内転筋の回復が思わしくなく、満足に練習できないとして10月に引退を表明。プロスケーターとして活躍する傍ら、コロンビアの貧しい子供達のために家と学校を建てようというNGO「Moi pour Toit」の活動にも尽力している。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。