お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

稲村亜美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

稲村 亜美(いなむら あみ、1996年1月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。東京都出身。浅井企画所属。

来歴

当初はジャスティスジャパンエンターテイメント(旧:ジャスティスプロダクション)に所属していた。

2013年9月20日発売のFRIDAYで発表されたミスiD2014にて準グランプリに相当するミスiD(アイドル)2014に選出された。

2014年3月13日、日出高等学校を卒業し、同年4月1日に国士舘大学21世紀アジア学部に入学、4月14日には週刊プレイボーイ×グラドル自画撮り部「第1回ジガドル・グランプリ」吉田豪賞を受賞する。

2015年3月26日公開のトヨタ自動車のCM「G's Baseball Party」に出演して注目を集める。稲村も最後に登場し、OL風スーツでの豪快なスイングが「神スイング」として話題となった。同年8月1日には巨人対中日戦の試合前イベントに登場、「神スイング」を披露しスタンドのファンを湧かせるとともに原辰徳監督(当時)をして「非の打ち所がないですね」と言わしめた。

2016年1月に浅井企画へと移籍し、同年3月14日に女子プロ野球チーム・埼玉アストライアの公認「神サポーター」に就任するとともに3月19日開催の東京ガールズコレクション(TGC)2016 SPRING/SUMMERにて東京ガールズラン(TGR)5期生就任を発表、またフジテレビONE「プロ野球ニュース」の金曜担当キャスターに抜擢、3月24日に開幕直前スペシャルとして初回放送を迎えた。この年より始球式を務める機会が増え、4月24日、5月8日、11月23日と3度自己最速を更新した。なお、プロ野球の球場における自身最速の球速は105km/hである(2016年11月23日にQVCマリンフィールドで開催された千葉ロッテマリーンズファン感謝デーでの1打席対決で記録している。)。

また、2016年には「第11回 BFA U-18野球チャンピオンシップ」「第7回女子野球ワールドカップ」「第1回 U-23 野球ワールドカップ」の3大会のアンバサダーを古田敦也とともに務めた(BS-TBSの中継番組にも大会アンバサダーとして出演。)。

2017年度、川崎競馬のイメージキャラクターに就任。

2018年3月10日、明治神宮野球場で開催された日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式で、投球した後に大勢な出場選手に取り囲まれるハプニングが発生した。この件について稲村もTwitter上で無事であると表明したが、ネット上では群集する中学生への批判も上がっていた。3月13日、主催者の日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟は、この一件で選手数名が怪我をしたことと謝罪文を発表した。

2018年4月23日、国土交通省から「自転車アンバサダー」に任命される。

人物

兄2人が野球をしていた影響で稲村も小学1年生から野球を始め、中学に入りシニアリーグに在籍した。ポジションは投手か一塁手だった。こうした経歴から、自分のグラビアでバットスイングやピッチングフォームを披露することが多く、「野球好きの有名人」として取り上げられることも多い。投打は右投右打。

雑誌等のインタビューやグラビアの記事でのプロフィール欄には、トヨタ自動車のWeb CMで披露した美しいバッティングフォームが「神スイング」と称されたことが大きな話題となった(あるいは、「神スイング」がきっかけでブレイクした)と言及されることが少なくない。最高球速(Max)で105kmのボールを投げることができて、先述のように「神スイング」を併せ持つことから、「二刀流のグラビアアイドル」と称されることがある。ゴルフでも神スイングを披露している。

持ち球は直球、縦スラ(スライダー)、シンカー、チェンジアップなどで、自信があったのは直球である。

目標はプロ野球全12球団の始球式に出ること。始球式を終える際はマウンドの土を整え直してから降りることを礼儀として心掛けている。

野球関連のメディアにも多数出演している。(『中畑清の熱血!スポーツ応援団』、『プロ野球ニュース2016・2017』、『NHKプロ野球』他)


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。