お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山谷花純



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山谷 花純(やまや かすみ、1996年12月26日 - )は、日本の女優。

宮城県仙台市出身。エイベックス・マネジメント所属。

略歴

2007年、エイベックス主催「俳優・タレント・モデルオーディション」に合格し、翌年2008年、12歳の時にドラマ『CHANGE』で女優デビュー。その後も子役として活動を続ける。

2009年から2010年まで、『ニコ☆プチ』専属モデルを務める。

2015年、スーパー戦隊シリーズ第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に百地霞 / モモニンジャー役で出演し、注目を集める。

2018年、受からなければ役者を辞めると決めて挑んだ劇場版『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』のオーディションに合格。結婚を控えた末期がんの患者・富澤未知役だったため、フジテレビの楽屋でバリカンを使って本当に丸刈りにしたことを自身のInstagramで明かし、演技とともに話題になった。

人物・エピソード

演技にあたっては、自身が経験していない職業などは映画やドラマなどを参考にし、ちゃんとしたイメージを把握した上で挑むようにしている。

『ニンニンジャー』出演時は、高校卒業に差し掛かり仕事をセーブしようと計画していた矢先に合格したため、撮影当初はあまり身が入らずにいたが、同時期に出演した『世にも奇妙な物語』で監督の山崎貴から「何もしないでやる1年と、何か自分で開拓しながら過ごす1年では、最終的に1年後の自分に見える世界がまったく違ってくる」と言われ意識を変えていったという。

『ニンニンジャー』でカメラマンを務めた松村文雄からは他のメンバーと同様に厳しく怒られたが、山谷自身も物事をはっきり言うタイプであるため松村に対して言い返すこともあった。山谷はその後のインタビューで松村にはすごく可愛がられたと述べている。

『ニンニンジャー』で共演した多和田秀弥は、山谷について「大きな視点でいろんなことを真剣に考えている」と評している。

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』以降、多数の作品で山谷を起用している監督の坂本浩一は、山谷の芝居の幅の広さを評価しており、特に『モブサイコ100』では山谷が弾けた演技を見せたことに他の俳優らも触発されていったことを語っている。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。