CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 三木章雄

三木章雄

三木章雄



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三木 章雄(みき あきお)は、宝塚歌劇団に所属する演出家。東京都出身。

略歴

  • 大学は商学部出身。
  • 1971年4月、宝塚歌劇団入団。
  • 1980年2月、月組バウホール公演『ワンモア・ドリーム』で演出家デビュー。
  • 1980年8月、星組公演『ファンシー・ゲーム』で大劇場公演デビュー。
  • 1994年7月、ロンドン公演のショー『ミリオン・ドリームズ』の作・演出を担当。
  • 1995年8月、前年に死去した小原弘稔の後を受け、初演で演出助手だった三木が『ME AND MY GIRL』の潤色・演出を担当(以降の再演も三木が担当)。
  • 1998年1月、宝塚歌劇団初の香港公演『This is TAKARAZUKA!』の作・演出を担当。
  • 2007年、宝塚歌劇団OGのダンサー精鋭によって公演された『DANCIN'CRAZY』の作・演出を担当。
  • 2008年11月、オフブロードウェイミュージカル『SHOWTUNE』の日本初演を手掛ける。宝塚歌劇団OGのみでキャスティングされた。
  • 2013年、65歳定年で宝塚歌劇団理事を辞める。
  • 2014年、「宝塚歌劇の殿堂」の殿堂入りを果たす。
  • 演出家像・エピソード

    • 大学のときにたまたま見た演出家募集のチラシを見て、東京以外の土地に行くのもいいかなと思い、軽い気持ちで受験をし、合格したのが入団のきっかけであった。
    • 入団後は鴨川清作の下でレビュー作品の基礎を学ぶ。
    • レビュー作品の作・演出と、海外ミュージカル作品の潤色・演出が多い。大劇場公演の芝居演出担当は、酒井澄夫と共同演出を担当した『夜明けの序曲』(植田紳爾作・監修)のみ。
    • 娯楽性を重視し、時代や生徒の持ち味に合わせて演出する。特別イベントやディナーショーの構成・演出も数多く手掛けている。近年では主に宝塚歌劇団OGへの外部演出も増えている。
    • トップスターの退団公演を担当することも多く、近年でも安寿ミラ、天海祐希、高嶺ふぶき、愛華みれ、瀬奈じゅん、水夏希、大空祐飛と安定した作品に仕上げている。

    宝塚歌劇団での舞台作品


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。