お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

芦田愛菜



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は、日本の元子役、女優、タレント、歌手。愛称は「愛菜ちゃん」「芦田さん」など。兵庫県西宮市出身。ジョビィキッズプロダクション所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

経歴

母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入る。2009年(平成21年)、『ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビュー。

2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演し、実母から虐待される少女を熱演。本作で「第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」など新人賞を多数受賞して認知度を飛躍的に高める。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。

2011年(平成23年)3月、テレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める。同年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビューをした。同年10月26日に『ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜』でソロデビューをする。同年12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場した。

2012年(平成24年)1月24日に前年に出演した映画『うさぎドロップ』と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』で「第54回 ブルーリボン賞 新人賞」を史上最年少で受賞する。同年1月27日に『マル・マル・モリ・モリ!』で「第26回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)、ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」の2部門を受賞する。同年12月27日には「きゅりあん」にて単独コンサート公演『〜ウィンターワンダーランド〜』を務め上げた。

2013年(平成25年)、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー。

2014年(平成26年)1月期ドラマ『明日、ママがいない』で連続ドラマ初の単独主演を果たす。また、同年6月公開の映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』で映画初の単独主演を務めあげる。同年6月、2012年いっぱいで休止していた歌手活動を再開し、8月6日には『ふぁいと!!/ゆうき』がリリースされた。

2017年(平成29年)2月、前年の夏から受験勉強に専念した結果として東京都内の難関私立中学校に複数合格し、その合格先から芸能活動に理解のある慶應義塾中等部を選択して同年4月に入学した。

2018年(平成30年)、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で史上最年少で朝ドラのナレーションを務める。

人物

  • 3歳の時、母親に「オーディションがあるから行ってみようか」と言われたことがきっかけでプロダクション入りしたが、最初はオーディションに落ちて泣いた経験もあった。
  • 4歳の時点でひらがなは全て読め、幼稚園から小学校にかけては本を1か月に60冊読むこともあった。
  • 5歳の時、『Mother』の書類審査で7歳に達しておらず、参加資格がないために一度落選している。所属事務所から「駄目もとで良いから」とオーディションを受けたところ、「台詞」「質疑応答」が明らかに他の子供とは異なり、制作側はどうしても落とせなかった結果、キャスティングすることになった。芦田のキャスティングにあたり、脚本などを一部変更している。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。