CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 柳家花緑

柳家花緑

柳家花緑



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 花緑(やなぎや かろく、1971年8月2日 - )は、落語協会所属の落語家。本名?小林 九。東京都豊島区生まれ。出囃子は「お兼晒し」。

五代目柳家小さんは母方の祖父に当たり、同時に師匠でもある。兄は振付家(元バレエダンサー)小林十市。叔父は六代目柳家小さん。父は画家、俳優、声優、歌手の和田恵秀。血液型A型。Me&Herコーポレーション所属。

来歴

d幼少の頃は東京の三鷹市に住んでいたが、2歳の頃に両親が離婚。花緑が小学校に上がる年に祖母が亡くなったことで、祖父・5代目柳家小さんの目白の家に母と2歳上の兄と共に転居し4人で暮らし始める。

1987年2月、祖父五代目柳家小さんに入門、前座名「九太郎」を名乗る。その後5代目小さんは内弟子をとらなかったため、最後の内弟子となった。4月1日より楽屋入りし、新宿末廣亭で前座として初めて高座に上がった。

1989年9月、18歳で二ツ目となり「小緑」に改名。1994年に戦後最年少となる22歳で真打昇進し、「柳家花緑」に改名。

昇進後は、以前からの念願だった一人暮らしを自由が丘(目黒区)で始める。この頃から、落語家として国立演芸場花形演芸大賞などの賞を受賞するようになる。また、落語のCDを出したり、テレビにも取り上げられるようになり徐々に知名度を上げる。

NHK教育テレビ『にほんごであそぼ』に2006年まで出演、その中で「寿限無」を披露したところ、「寿限無」が子供たちの間で流行した。また、この番組への出演がきっかけとなり、現在では低年齢層を中心とした幅広い落語普及の活動も行っている。

2006年10月3日より2009年3月24日まで、フジテレビ『とくダネ!』のコーナー「温故知人」「新・温故知人」にレギュラー出演。「新・温故知人」2008年5月13日放送分にて祖父5代目柳家小さんが登場している。また、『とくダネ!』番組終了直前の2021年3月22日には十数年ぶりに番組に登場、「温故知人」で竹田圭吾を語った。

落語に限らず幅広いジャンルで活躍する落語家の一人である。祖父小さんを引き継ぎ、須藤石材のイメージキャラクターを務める。

2001年に林家きく姫と同居、婚約。2002年に結婚予定だったが、小さん死去に伴い延期(その後2009年5月に別居・破局している)。その後2010年4月11日に4歳年上の一般人女性と結婚。特技はピアノ。

2017年には発達障害の一種である学習障害(ディスレクシア)であることを公表、自身の著書でも取り上げている他、発達障害関係の講演も行っている。

2019年6月、静岡県御殿場市の富士山のふもとに住居(無印良品「窓の家」)を構え、東京・目白の実家の近所にある賃貸住宅と2拠点での生活を始めたことを2021年に明らかにした。普段は東京で暮らし、休みの日などに静岡県内の住居で過ごしている。

現在(2021年11月)10人の弟子がいるが、住み込みも通いもさせていないとのこと。現在(2021年11月)は古典落語を基礎にしながらも、バレエ作品やシェイクスピア作品を新作落語にアレンジすることにも挑戦している。

芸歴

  • 1987年3月 - 五代目柳家小さんに入門、前座名「九太郎」を名乗る。
  • 1989年9月 - 二ツ目昇進、「小緑」と改名。
  • 1994年3月 - 真打昇進、「花緑」と改名。

人物

子供時代


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。