お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ヴィットリオ・グリゴーロ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


ヴィットリオ・グリゴーロVittorio Grigolo、1977年2月19日 - )は、イタリア生まれのテノール歌手である。

経歴

イタリアのアレッツォで生まれて、ローマで育った。

9歳から5年間、システィーナ礼拝堂の聖歌隊に所属して音楽教育を受けた。そのきっかけとなるエピソードは、「目のテストをする母に付き添っていて、別の部屋から歌声が聞こえてきたためその部屋に入り、一緒に『アヴェ・マリア』を歌いだした。歌っていた神父は、システィーナ礼拝堂の聖歌隊のオーディションを受けるべきと提案した

。」というものである。

13歳の時に、ローマのオペラハウスで、「トスカ」の羊飼いの役で出演した。この時のカヴァラドッシ役はパヴァロッティで、そこから'Il Pavarottino'と呼ばれるようになった。

18歳で'Vienna Opera Company'にメンバーとして加入し、23歳で、スカラ座に出演した最も若いテノールとして記録を更新した。

私生活

ディスコグラフィー

  • In the Hands of Love (2006)
  • West Side Story (2007)
  • The Italian Tenor (2010)
  • Arrivederci (2011)
  • Ave Maria (2013)
  • The Romantic Hero (2014)

映像作品

  • 'Cassio' in Verdi Otello Gran Teatre del Liceu Barcelona (2006)
  • 'Il Duca de Mantova' in Verdi Rigoletto Performed live on location in Mantua (2010)

出演作品


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。